安藤彦太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

安藤彦太郎(あんどう ひこたろう、1917年6月14日 - 2009年10月27日)は、日本の日中関係史学者、早稲田大学名誉教授。

神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。早大政経学部教授を務め、文化大革命の際は新島淳良や野村浩一とともにこれを礼賛した。1988年定年退任、名誉教授、日中学院長、のち名誉学院長。現代中国学会幹事を長く務めた。妻も早大名誉教授・中国文学者の岸陽子

著書[編集]

  • 『変革と知識人 建設期中国の思想と学問』東和社 1952
  • 『中国通信 1964-66』大安 1966
  • 『北京』講談社(原色写真文庫)1967
  • 『日本人の中国観』勁草書房 1971
  • 『第二・中国通信』亜紀書房 1972
  • 『日中関係の視点』竜渓書舎 1975
  • 『図説中国の歴史 10 中華人民共和国の歩み』講談社 1977
  • 『北京便り』玉川大学出版部(玉川選書)1979
  • 『革命いまだ成功せず 孫文伝(世界を動かした人びと)』国土社 1981
  • 『中国語と近代日本』岩波新書 1988
  • 『虹の墓標 私の日中関係史』勁草書房 1995
  • 『未来にかける橋 早稲田大学と中国』成文堂選書 2002

共編著[編集]

  • 『日・朝・中三国人民連帯の歴史と理論』寺尾五郎宮田節子吉岡吉典共編 日本朝鮮研究所 1964
  • 『中国語への招待』新島淳良共著 大学書林 1965
  • 満鉄 日本帝国主義と中国』 御茶の水書房 1965
  • 『現代中国と孫文思想』岩村三千夫野沢豊共編 講談社 1967
  • 『文化大革命の研究』 亜紀書房(早稲田大学社研研究叢書)1968
  • 『現代中国事典』 講談社現代新書 1972
  • 『現代中国 その全体像』新井宝雄共編 毎日新聞社 1973
  • 『現代史への挑戦 中国の思想と科学技術』 時事通信社 1976
  • 『近代日本と中国 日中関係史論集』 汲古書院 1989

翻訳[編集]

  • 人間革命 中国知識人の思想改造 梁漱溟ほか 尾崎庄太郎共訳 中国研究所 1952.3
  • 書物を焼くの記 日本占領下の上海知識人 鄭振鐸 斎藤秋男共訳 岩波新書 1954
  • 暗い夜の記録 許広平 岩波新書 1955
  • 三民主義 孫文 岩波文庫 1957
  • 実践論・矛盾論 毛沢東哲学論文選 1965 (角川文庫)
  • 文芸論 毛沢東 中国解放軍総政治部編 浅川謙次共訳 東方書店 1967 (毛沢東問題別選 1)
  • 老三篇・新五篇 毛沢東 中共中央毛沢東選集出版委員会、浅川謙次共訳 東方書店 1967 (毛沢東問題別選 2)
  • 辛亥革命 中国近代化の道程 胡縄ほか 編訳 早稲田大学出版部 1986.3
  • 日本との30年 中日友好随想録 孫平化 講談社 1987.11
  • 近代中国儒学思想史 劉大年 共訳 汲古書院 2007

論文[編集]