安藤寿康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安藤 寿康(あんどう じゅこう、1958年 - )は、日本の心理学者慶應義塾大学教授

来歴[編集]

東京都生まれ。1981年慶應義塾大学文学部卒業、1986年同大学大学院社会学研究科博士課程満期退学。1992年慶大文学部専任講師、1993年助教授、2001年教授。1997年「遺伝と教育 -人間行動遺伝学的アプローチ」で慶大教育学博士。専門は行動遺伝学、教育心理学。特に認知能力とパーソナリティの発達に及ぼす遺伝環境(主に教育環境)の影響に関して、双生児法による研究を行っている。

著書[編集]

  • 『遺伝と教育 人間行動遺伝学的アプローチ』風間書房 1999年
  • はどのように遺伝するか 双生児が語る新しい遺伝観』講談社ブルーバックス、2000年
  • 『遺伝マインド 遺伝子が織り成す行動と文化』有斐閣、2011年
  • 『遺伝子の不都合な真実 すべての能力は遺伝である』ちくま新書、2012年
  • 『遺伝と環境の心理学―人間行動遺伝学入門』培風館、2014年
  • 『日本人の9割が知らない遺伝の真実』 SBクリエイティブ(SB新書)、2016年
  • 『「心は遺伝する」とどうして言えるのか: ふたご研究のロジックとその先へ』 創元社、2017年
  • 『なぜヒトは学ぶのか 教育を生物学的に考える』 講談社現代新書、2018年

共編著[編集]

翻訳[編集]

参考[編集]