安藤家洋館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安藤家洋館(北側より撮影)
安藤家洋館(南側より撮影)
Maki-rail-11.svg大久保駅から直線で約330mの距離に位置する。

安藤家洋館(あんどうけようかん)は、兵庫県明石市大久保町にある建物の通称である。JR神戸線大久保駅の少し東側の旧山陽道沿いにある。

概要[編集]

江戸時代に大久保宿の本陣を務めた安藤家の当主であり、明治から大正にかけて活動した経営者である安藤新太郎が、1919年(大正8年)出身地の大久保に建設した石造りの住宅建築である。設計は東大寺大仏殿の保存などを担当した加護谷祐太郎[1]完成直前に新太郎が急死したため、新太郎の葬儀の会場として使われただけで、その後は使われていない。老朽化により倒壊する恐れのある事が報道されている。[2]明石市にある唯一の近代建築(洋館)とされ、明石市のわがまち景観50選に選ばれたことがある。[2] 洋館の前にある「明治天皇大久保御小休所建物」の碑は、洋館建設前の1885年(明治18年)に明治天皇が西国巡幸の帰路、この地にあった建物で休憩したことを記念するものである。巡幸当時の建物は洋館建設時に同じ敷地内で移築されている。

脚注[編集]

座標: 北緯34度40分51秒 東経134度56分31秒 / 北緯34.680864度 東経134.941974度 / 34.680864; 134.941974