安藤孝三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安藤 孝三
あんどう こうぞう
生年月日 1898年5月3日
出生地 愛知県知多市
没年月日 (1985-02-10) 1985年2月10日(86歳没)
所属政党 無所属
親族 孫・丹羽秀樹(衆議院議員)

選挙区 旧愛知2区(戦前)
当選回数 2回
在任期間 1937年4月30日 - 1945年12月18日
テンプレートを表示

安藤 孝三(あんどう こうぞう、1898年明治31年)5月3日[1] - 1985年昭和60年)2月10日)は、日本の政治家操縦士衆議院議員(2期)。

経歴[編集]

愛知県知多市出身。1916年、名古屋港上空で米飛行士アート・スミスの曲芸飛行を見て航空界を志す[2]。陸軍所沢飛行第四大隊に入り、一等飛行機操縦士となる[3]。陸軍を除隊後、知多郡八幡村(現知多市)に水上飛行場を開設する[3]。その後、名古屋二見間の定期航空路や和歌山新宮間の航空路を開設する[3]。その一方で1924年に安藤飛行機研究所を開き、所長となり、操縦士、機関士の育成などを行った[3]

1937年第20回衆議院議員総選挙では旧愛知2区(戦前)から無所属で立候補して初当選。1942年の第21回衆議院議員総選挙(いわゆる翼賛選挙)でも大政翼賛会の推薦を受けずに再選された。

1946年第22回衆議院議員総選挙は不出馬。1947年第23回衆議院議員総選挙旧愛知2区から国民協同党公認で立候補するも落選。

1985年2月10日、死去。

育てたパイロットの中には元運輸省航空局技術課長の樽林寿一や日本の女性パイロット1号の西崎キクのほか、戦後の民間航空で活躍した人々が多数含まれる[2]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第七十一回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1937年(昭和12年)、14頁。
  2. ^ a b 安藤 孝三 (アンドウ コウゾウ)”. コトバンク. 2018年12月12日閲覧。
  3. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』4頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。