安藤信昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安藤信昭
あんどう のぶあき
生年月日 (1890-03-02) 1890年3月2日
出生地 東京府東京市
没年月日 (1976-12-16) 1976年12月16日(86歳没)
出身校 東京府立園芸学校
前職 宮内省侍従職
所属政党 研究会

日本の旗 貴族院議員
選挙区 子爵議員
在任期間 1932年7月 - 1947年5月2日
テンプレートを表示

安藤 信昭(あんどう のぶあき、1890年明治23年)3月2日 - 1976年昭和51年)12月16日)は、日本華族子爵)、貴族院議員。旧磐城平藩安藤家15代目当主。有馬頼寧は実兄。

生涯[編集]

伯爵有馬頼万(筑後久留米藩主家当主)の次男として東京に生まれる。初名は有馬頼篤。

子爵安藤信篤磐城平藩主家当主)の養子となり、1915年(大正4年)7月、信篤から家督を譲られて家督を継承した。同年、皇族・閑院宮載仁親王の第1王女である恭子女王(ゆきこじょおう)と結婚した。

1915年(大正4年)、東京府立園芸学校(現:東京都立園芸高等学校)を卒業。1921年(大正10年)に侍従補となり、以後、侍従や式部官を歴任。昭和天皇の即位の礼に際して大礼使典儀官も務めた。1932年(昭和7年)に貴族院議員(子爵議員)となり研究会に所属、1947年(昭和22年)5月2日の貴族院廃止まで議員を務めた。また、横浜生命保険会社の取締役も務めている。

実兄の有馬頼寧とともに、草創期の日本プロ野球に深く関わった。1936年1月17日、有馬頼寧と協力し、旧・西武鉄道(現在の西武鉄道とは別会社)を運営母体としてプロ野球チームの東京セネタースを結成、頼寧がオーナー、信昭が理事長となる。同年2月5日結成された社団法人日本職業野球連盟(後の日本野球機構)では、初代副総裁のひとり[1]に就任している。

家系[編集]

父母
兄弟姉妹
子女

『平成新修旧華族家系大成』は、実子3男4女を載せる。長男・信敬(のぶゆき、1917年 - 1936年)は早世しており、二男・信和霞会館(旧華族会館)の会員となっている。

[編集]

  1. ^ 総裁は大隈信常(大隈重信の養子)、もうひとりの副総裁に松方正雄(松方正義の子)。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』(霞会館、1996年)
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史』(大蔵省印刷局、1962年)

外部リンク[編集]