安藤ヒロキオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あんどう ひろきお
安藤ヒロキオ
生年月日 (1982-06-19) 1982年6月19日(36歳)
出生地 日本の旗 日本宮崎県都城市
職業 俳優
事務所 フリー

安藤 ヒロキオ(あんどう ひろきお、本名:安藤 裕樹1982年6月19日-)は、俳優、芸人。宮崎県都城市出身。宮崎県立都城西高等学校卒業。日活芸術学院27期(中退)、ワタナベコメディスクール14期。現在フリー[1]

身長178cm。趣味は猫、競馬、一人カラオケ、酒。特技は乗馬、モノマネ。

人物・来歴[編集]

高校卒業後、上京し日活芸術学院に入学。その後、声優の弥永和子が立ち上げた「劇集団ジェット気流」の旗揚げメンバーとして参加し、主演も務めた。数々の舞台に出演し、増元拓也、大田寿と「達磨団」というお笑いユニットを組み、数々のライブを重ねる。その後、単身ワタナベコメディスクール14期に入学し、同期の渡部ダイシと「アッパレ倶楽部」を結成。現在は解散し、俳優業のみの活動をしている。 現在はVシネマを中心に活動しており、R指定の過激な作品や、ピンク映画にも出演している。

主な作品[編集]

  • 舞台版「殿といっしょ」(前進座)
  • 朗読劇「猫と裁判」(スペースゼロ)朗読劇「猫と裁判」”. 2015年8月14日閲覧。
  • テレビドラマ闇金ウシジマくん
  • 映画「道しるべ」
  • 映画「劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」
  • 舞台「輪命」(相鉄本多劇場)
  • 舞台「ASIAN BUTTERFLY」(相鉄本多劇場)
  • 舞台「鬼が見る夢の名は修羅」(主演・呪羅役)(相鉄本多劇場)
  • 舞台「NIGHT EDEN」(相鉄本多劇場)
  • 舞台「緑の方舟」(相鉄本多劇場)
  • 舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和(2015年9月16日 - 21日、博品館劇場)- フィッシュ竹中
  • 舞台「ザ・バトルドクター」
  • 舞台「幕末のドリフ」(中野ザ・ポケット)
  • 舞台「ヒストリーズジャパン」(新宿モリエール)
  • DIRT1600舞台レギュラー(千本桜ホール)
  • 舞台「鬼が哭いた夜」(神奈川KAAT)

Vシネマ[編集]

  • 「組葬」(香月秀之監督)
  • 「超高速!ホットパンツロード」(夏目大一朗監督)
  • 「ガチンコ疾走編」(広瀬陽監督)
  • 「心霊食堂」(夏目大一朗監督)
  • 「心霊食堂2」(夏目大一朗監督)
  • 「ホームジャック」(越坂康史監督)
  • 「ホームジャックリバース」(越坂康史監督)
  • 「ガールズファーム〜少女奴隷牧場〜」(越坂康史監督)
  • 「ガールズファーム2〜少女奴隷牧場〜」(越坂康史監督)
  • 「あぶないデカ女」(夏目大一朗監督)
  • 「東京地下女子刑務所エリア∞」(越坂康史監督)
  • 「メス猫〜キャットピープルの誘惑」(遊山直奇監督)
  • 「やめて」(遊山直奇監督)
  • 「CATCH〜キャッチ〜」(越坂康史監督)
  • 「ドクターZERO」(越坂康史監督)
  • 「ホームジャックトライアングル」(越坂康史監督)
  • 「監禁惑星アメーバ」(越坂康史監督)

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 安藤ヒロキオ”. Twitter. 2015年2月10日閲覧。プロフィールより。

外部リンク[編集]