安芸津町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
安芸津から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
安芸津町
Flag of Akitsu Hiroshima.svg Symbol of Akitsu Hiroshima chapter.svg
町旗 町章
廃止日 2005年2月7日
廃止理由 編入合併
賀茂郡黒瀬町、賀茂郡河内町、賀茂郡豊栄町、賀茂郡福富町、豊田郡安芸津町→東広島市
現在の自治体 東広島市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
豊田郡
団体コード 34422-2
面積 65.08km2
総人口 12,272
(2004年3月31日)
隣接自治体 竹原市、東広島市、豊田郡安浦町
町の木 コバンモチ
町の花 ジャガイモ
町の鳥 コサギ
安芸津町役場
所在地 729-2402
広島県東広島市安芸津町三津4398
外部リンク 東広島市HP
特記事項 町役場のデータは東広島市役所安芸津支所のものである。現在は郵便番号が変更されている。
 表示 ウィキプロジェクト

安芸津町(あきつちょう)は、かつて広島県豊田郡に存在した自治体である。現在は広島県東広島市である。

2005年2月7日賀茂郡黒瀬河内豊栄福富各町とともに東広島市に編入された。

地理[編集]

河川[編集]

[編集]

[編集]

歴史[編集]

町名の由来[編集]

沿革[編集]

  • 1889年4月1日市町村制施行。安芸津町域には当時賀茂郡に属する早田原・三津の両村と豊田郡木谷村があった。
  • 1893年4月12日三津村が町制施行して三津町になる。
  • 1943年1月1日賀茂郡三津町及び早田原村、豊田郡木谷村が対等合併して安芸津町が成立する。
  • 1956年4月1日安芸津町の所属郡が賀茂郡から豊田郡に変更される。
  • 2005年2月7日賀茂郡黒瀬・河内・豊栄・福富各町とともに東広島市に編入される。

主要施設[編集]

  • 県立安芸津病院
    • 旧安芸津町、竹原市、大崎上島町等隣接地域の中核病院として、この地域で不足している小児医療や、竹原地区二次救急医療圏における病院群輪番制参加病院として救急医療の役割を担っている。しかし、最近の少子化による産婦人科減少が波及し、当院の産婦人科も廃止された。
  • 東広島市安芸津B&G海洋センター
    • B&G財団による体育館およびプール施設。国道185号線沿い、駐車場70台収容。

教育(2005年2月6日当時のデータ)[編集]

小学校[編集]

中学校[編集]

高等学校[編集]

交通(2005年2月6日当時のデータ)[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

航路[編集]

名所・旧跡[編集]

  • 正福寺山公園…サクラの名所。
  • 祝詞山八幡神社

産業[編集]

大字(2005年2月6日当時のデータ)[編集]

  • 大田(おおだ)
  • 風早(かざはや)
  • 木谷(きだに)
  • 小松原(こまつばら)
  • 三津(みつ)

安芸津町出身の有名人[編集]

関連項目[編集]