安田英主

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

安田 英主(やすだ ひでかず、1989年11月28日 - )は、日本のピアニストである。

経歴[編集]

1989年生まれ 宮崎県宮崎市出身。宮崎大学教育文化学部附属幼稚園宮崎大学教育文化学部附属小学校宮崎大学教育文化学部附属中学校宮崎大宮高校出身である。

3歳からヤマハ音楽教室でピアノを学び、ヤマハマスタークラス(東京)へと進む。 桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)より、桐朋学園ソリスト・ディプロマコースに入学。 在学中、18歳でパリ国立高等音楽院(コンセルヴァトワール)に、首席合格を果たす。 同音楽院学士課程を、国家資格のディプロマを取得して修了。 2011年秋より同音楽院修士課程在籍。 ジャック・ルヴィエ、青柳晋、松村英臣の各氏に師事する[1]

  • 2001年6月 - オーヴェル・シュル・オワーズ国際音楽祭(フランス)に出演。
  • 2002年3月 - キエフ大ホール(ウクライナ)、モスクワ音楽院大ホール(ロシア)でのガラ・コンサートに出演。
  • 2003年8月 - 英国王立音楽院デュークスホール(イギリス)にて「ヤマハマスタークラスサマーコンサート」出演。
  • 2004年2月8日 - 音楽広場ミニヨン(大阪)にて「安田英主ピアノコンサート」を開催[2]
  • 2006年4月26日 - めぐろパーシモンホール(東京)にて「安田英主 ピアノリサイタル」を開催[3]
  • 2008年8月 - オルブライトホール(宮崎)にて「安田英主ピアノリサイタル」を開催。
  • 2009年2月 - パリ日本文化会館(フランス)において、パリ日本文化協会主催「日本の音楽の若き才能コンサート」に、推薦され出演。
  • 2010年3月 - いずみホール(大阪)にてミロスウァフ・ブウァシュチック指揮/ポーランド・シレジア・フィルハーモニー管弦楽団と共演。
  • 2011年4月 - 日仏文化協会「音楽留学生チャリティーコンサート」に出演[4]
  • 2012年8月5日 - TOKYO FM HALL(東京)にて「安田英主ピアノ・リサイタル」を開催。
  • 2013年12月23日 - 白寿ホール(東京)にて「安田英主ピアノ・リサイタル2013」を開催[5]
  • 2014年1月 - ザ・フェニックスホール(大阪)での「ニューイヤーコンサート2014~ショパンのアンサンブル作品をあなたに~」に出演[6]

受賞歴[編集]

  • 2002年3月 - 第6回 ウラジミール・クライネフ青少年国際ピアノコンクール(ウクライナ) ジュニア部門 グランプリ、クラシック作品最優秀演奏賞 受賞[7]
  • 2003年1月 - 宮崎県学生栄誉賞 受賞。
  • 2004年8月 - 第9回 エトリンゲン国際青少年ピアノコンクール(ドイツ) カテゴリーB(20歳以下) 第3位。
  • 2007年3月 - 第12回浜松国際ピアノアカデミーコンクールにて第4位受賞[8]

ディスク[編集]

  • 安田英主 ピアノリサイタル 2011~Christmas Eve~LIVE 2012
  • Hidekazu Yasuda Piano Recital in 2012 Live 2013

脚注[編集]

[ヘルプ]