安田尚義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

安田 尚義(やすだ なおよし、 1884年4月19日 - 1974年12月24日 )は、日本歌人歴史学者

宮崎県児湯郡上江村(現高鍋町)に、父・義信、母・アグリの長男として生まれる。先祖は寛文17年(1667年)より高鍋藩秋月氏に仕えた狩野派絵師である安田義成で、代々高鍋藩の絵師を務めた家柄。

1907年早稲田大学を卒業。大学時代には同県出身の若山牧水と親交を深めた。卒業後、函館商業学校旧制第一鹿児島中学校で教鞭をとる。1922年、歌誌「潮音」に入会し太田水穂に師事。30年以上にわたり教職を務めるかたわら、歌誌『山茶花』の創刊を主宰する文筆活動も行った。1940年、鹿児島県史蹟主事となるも、1945年に故郷の高鍋に帰郷する。1949年宮崎地方裁判所司法委員、宮崎家庭裁判所参与並びに調停委員に就任する。1952年、日向文庫第二編として『上杉鷹山』を発行して以降は、宮崎の地方史研究に情熱を注いだ。晩年宮崎県文化賞を受賞し、高鍋町名誉町民の称号が贈られた。

歌人・詩人の浜田到は旧制中学での教え子であり、その後『山茶花』にも参加した。

著書[編集]

  • 『上杉鷹山』 (日向文庫刊行会、1982年
  • 『秋月種茂と秋月種樹』 (日向文庫刊行会、1982年)
  • 『高鍋藩史話』 (鉱脈社1998年

参照文献[編集]

  • 『高鍋藩史話』(鉱脈社、1998年)巻末付録 「安田尚義年譜」