安然

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

安然(あんねん、承和8年(841年)? - 延喜15年(915年)?)は、平安時代前期の天台宗。五大院阿闍梨・阿覚大師・福集金剛・真如金剛などと称される。近江国の生まれ。出自については不明であるが、最澄と同族と伝えられている。

初め慈覚大師円仁につき、円仁の死後は遍照に師事して顕密二教(顕教密教)のほか悉曇(しったん)を学んだ。877年元慶元年)中国()に渡ろうとしたが断念。884年(元慶8年)に阿闍梨元慶寺座主となった。晩年は比叡山に五大院を創建して天台教学・密教教学の研究に専念した。

安然は、『大日経』を中心とする密教重視を極限まで進めて台密(たいみつ=天台宗における密教)を大成した。