安武玄晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安武 玄晃
生誕 (1981-03-02) 1981年3月2日(40歳)
出身地 日本の旗 日本福岡県 小郡市
ジャンル スムーズジャズ
職業 サクソフォーン奏者
担当楽器 アルトサクソフォーンソプラノサクソフォーン
活動期間 1997年 -
事務所 Eternal Music

安武 玄晃(やすたけ もとあき、1981年3月2日 - )は、福岡県小郡市出身のスムーズジャズ系サクソフォーン奏者。

西洋のクラシックサウンドとジャズサウンドを融合させた、その音色はメロウ・サックスとも呼ばれる。 

略歴[編集]

9歳の時にドラムを演奏し始める。だが、生まれつき喘息の持病を持ち、その克服のため医者に管楽器の演奏をすすめられる。

13歳で初めてサックスに触れる。

16歳からアルトサックスを本格的に学び始め、病を克服する。その後、福岡を中心にライブハウスやストリートで演奏活動を開始する。

2004年、オレカワムーとユニット「アフロドリフト」を結成し、福岡や東京を中心に活躍。また、ブライダル奏者、音楽療法奏者、サックス講師としても活動を始める。

2006年、ギタリストの行徳伸彦(元、Jug&BoogieBox)と活動。

2007年、ゴスペル音楽R&Bに触れ、影響を受ける。その後、単身渡米。

ファンであったサックス奏者のロン・ブラウン (Ron Brown)に師事。レッスンを経て、自身の音を改善。スムーズジャズの流れを汲む、今の音楽スタイルを確立する。

2008年、帰国後、レーベル「Eternal Music」を設立。

2010年、ブラウンをプロデューサーに迎え、ロサンゼルスにてレコーディングを開始。同年10月、デビューアルバム「Break Through(ブレイクスルー)」をリリース。

人物[編集]

アフロドリフト時代は、ステージに上がる際アフロのカツラをかぶるのが定番であった。

現在は、ストレートヘアにスーツ姿がステージ上の基本スタイルである。

趣味は料理とジョギング。

自身のブログ上で「自分は、かなりのアナログ人間。だけど、このデジタル化の波についていかないとね。日々勉強です」と、語っている。

ディスコグラフィー[編集]

Break Through[編集]

収録曲[編集]

  1. New Adventure (作曲 Motoaki Yasutake)
  2. BIRTH (作曲 Motoaki Yasutake)
  3. おかえり (作曲 Motoaki Yasutake)
  4. 3150の花束 (作曲 Motoaki Yasutake)
  5. からっぽ (作曲 Yoshinobu Matsuura)
  6. コスモスの風 (作曲 Motoaki Yasutake)
  7. Breakthrough (作曲 Motoaki Yasutake)
  8. 約束の虹 (作曲 Motoaki Yasutake)
  9. 君の呼ぶ声を (作詞・作曲 Isamu Nishida)
  10. To Brightness (作曲 YuKa)

プロデューサー[編集]

エンジニア[編集]

  • ピー・ウィー・ヒル(Pee Wee Hill)

参加ミュージシャン[編集]

  • ウィル・ケネディ(Will Kennedy)
  • ドゥウェイン・スミティー・スミス(Dwayne”Smitty”Smith)
  • ダレル・クルックス(Darrell Crooks)
  • マーク・スティーブンス(Mark Stephens)
  • マイク・スミス(Mike Smith)
  • マキーダ(Makeda)
  • ウェンデル・ケリー(Wendell Kelly)
  • ウィル・ミラー(Will Miller)

外部リンク[編集]