安楽椅子探偵 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

安楽椅子探偵』(あんらくいすたんてい)は、ABC朝日放送系列で放映されたテレビドラマシリーズ、および同シリーズに登場する探偵の呼称。視聴者参加型の推理ドラマであり、劇中の殺人犯人およびそのトリックを当てる公式懸賞企画が催される。1999年10月1日に第1作の出題編が放映されて以来、これまでに第8作まで製作・放映されている。原作は、8作品とも推理作家の綾辻行人有栖川有栖の共同執筆による書き下ろし。脚本は戸田山雅司。監督は内片輝(第1-7作)、山口正紘(第8作)。

解説[編集]

ドラマのフォーマット[編集]

2週連続で放映される推理ドラマで、まず第1週目に、ストーリーテラー(作品ごとに異なる)による冒頭の番組紹介のあと、事件の発生と経過や事件の関係者を詳しく描写する出題編が放映される。出題編のドラマ本編のあと、再びストーリーテラーが現れて視聴者への挑戦を宣言する。番組最後のコーナーでは原作者二人が登場し、対談形式で原作執筆時のエピソードや正解に至るためのコツなどを語る。

翌週の解決編では、謎の人物安楽椅子探偵が登場して、明快な推理と証拠をもとに謎を解き、犯人を特定して事件を解決する。安楽椅子探偵が去ったあと、劇中の登場人物によるエピローグで終幕する。エピローグ最後のカットでは、数学において「証明終わり」を意味するQ.E.D.の文字が映し出されるのが恒例となっている。解決編本編終了後、ストーリーテラーと原作者二人が登場して、犯人当て懸賞への応募状況の分析と正解者の発表を行う。

犯人当て懸賞企画[編集]

視聴者は出題編放映後に、番組中に示された映像、テロップ、音声などあらゆる情報をもとに推理を組み立て、葉書もしくは公式ウェブサイトのフォームから、

  1. 犯人の名前
  2. 犯人を特定するに至った過程

を記述して懸賞に応募できる。締め切りは解決編の放映の2,3日前に設定される。不必要に推理の可能性を広げないため、推理の際の前提としていくつかの条件が提示される。

  • 単独犯の犯行である(全作品共通)。
  • テロップ等に登場した時刻はいずれも正確なものである(第2作以降は日本標準時であることも併記)。
  • テロップで表記された登場人物の氏名などに偽りはない(第8作)。

締め切りまでに届いた回答の中から正解者を選び出し、その中でも原作者自身がもっとも「エレガント」と考える回答を当選として選出し、解決編のドラマ本編が終了したあとのコーナーで紹介する。当選者や次点の応募者には、懸賞金や原作者のサイン入り著書などがプレゼントされる。

犯行の動機は出題編の内容だけからは不明瞭なことが多いが、動機がどう推定されようと犯人の特定プロセスには直接影響しないとされる。むしろ作品中に示された事象のみからいかに論理的・直截的に「この犯人以外はありえないこと」を示すか、が「エレガント」かどうかの指標とされている。

原作の綾辻と有栖川は、「このシリーズではテレビ番組という媒体でなければ成立しえないミステリーの構築を目指している」と本編終了後の対談コーナーで繰り返し語っている。実際、推理小説等の文字媒体ではおそらく表現しえないであろうテレビ独特の演出を逆手にとったトリックやヒント、さらには視聴者をミスリードするさまざまな情報が本編中に数多くちりばめられており、小説から派生して製作された従来の映画テレビドラマとは異なる新領域を目指したものといえる。

キャラクターとしての安楽椅子探偵[編集]

本作品に登場する安楽椅子探偵(演/声:草野徹、第5作 演:坪田秀雄・声:草野徹、第8作 非公開)は、本来の語義どおり、現場に赴くことなく椅子に腰掛けたまま、論理的な推理のみですべての謎を解明する探偵であるが、本作品では、探偵自身の劇中における実在性が曖昧で、荒唐無稽な謎の超越的存在として描かれているところが他の安楽椅子探偵系ミステリと比べて特徴的な点である。

呼び出しアイテムとしての笛[編集]

安楽椅子探偵は、劇中の登場人物がなんらかの形で譲り受けた小さなオカリナ型の笛を吹くことによって現れる。この笛には、

  1. 本当に困ったときに吹くと一生に一度だけ助けてくれる。
  2. 一度使ったら、次の誰かに手渡さなければならない。

という制約が課されている。第1作出題編冒頭の時点ですでに誰が作ったものかはわからなくなっており、劇中の登場人物が通りすがりの人間から受け取ったものとして登場する。第8作では人伝ではなくベンチの下のダンボール箱に入った物を受け取る形となっている事に加え劇中の23年前にはすでに存在していることが語られている。

この笛を持っている人物が劇中で殺人事件の犯人として疑われて窮地に追い込まれ、やむにやまれず笛を吹くところで出題編のエンディングを迎えるものがほとんどである(第4作は例外)。

また、第6作では本編中の事件解決以外の用途(ある登場人物が過去に遭遇した事件の解決)で用いられたことがあるが、そのせいで本編の殺人事件の推理に使うことが出来ず、その人物が殺された後に別の人物が使っていた(言うまでもないが、少なくとも9回(本編8回+前述の第6作で触れられている事件)は犯人解明に使われている)。

純粋推理空間と超越者・安楽椅子探偵[編集]

解決編の冒頭では、笛が鳴り響いたあと、安楽椅子探偵がスモークと閃光の中どこからともなく現れる(なお、第7作までは登場・退場時に「カルミナ・ブラーナ - おお、運命の女神よ」が流れる)。目の部分だけが開いた銀色の仮面をかぶり、黒ずくめのフード付きマントを羽織り白い手袋をはめ、肘掛け椅子に腰掛けている、という異様な姿で登場する。

安楽椅子探偵が現れる空間は純粋推理空間と呼ばれ、劇中の現実世界とは異なる特別な空間である。この空間には劇中事件の関係者すべてが集められており、安楽椅子探偵は彼らと会話を交わしながら、事件解決の鍵となる条件をひとつひとつ整理しつつ推理を進行する。

推理の過程では、出題編のシーンを宙に浮かぶ仮想スクリーンに再生しながら推理結果を検証していく。黒子を犯人に仕立てて未放映の犯行シーンを再現したり、必要であればすでに死亡した被害者を一時的に生き返らせて再現シーンを構成することもある(第7作まで死者は純粋推理空間に存在することはできず、スクリーンの内側のみの存在であり、会話もできるが犯人の名前を語ることはできなかった。しかし第8作では被害者の一人が生き返って純粋推理空間に出現し、生者と共に推理を展開する)。推理の説明の都合上必要であれば、場所を移動したり任意の道具類を出現させたりできるなど、純粋推理空間における安楽椅子探偵はすべてを超越した存在である。推理が完了するまで、集められた登場人物たちはもとの世界に戻ることはできない。出題編ではシリアスな演技に徹していた登場人物たちは、解決編の純粋推理空間内ではコメディタッチに描かれ、互いにコミカルな掛け合いをしつつ、安楽椅子探偵に次々に疑問をつきつけていく。安楽椅子探偵はそれらに対して一つ一つ丁寧に解答を与えながら推理を進め、犯人特定に至る。

推理が完了し犯人が特定されると、安楽椅子探偵は再びスモークと閃光の中に消え、劇中で笛を吹いた直後のシーンに戻る。笛を吹いた人物以外は安楽椅子探偵の出現と推理を一切覚えておらず、登場人物の誰かが名推理によって犯人を特定し事件を解決に導いたことになっている(笛をふいた人物が解決したことになっている場合もある。)。

以上のような演出によって、本作品の安楽椅子探偵はいわゆるデウス・エクス・マキナ(機械仕掛けの神)というべき存在として描かれている。

これまでに放映されたシリーズ[編集]

※ 放映日は近畿地区における朝日放送でのもの

安楽椅子探偵登場[編集]

  • 放映:1999年10月1日〔出題編〕 / 8日〔解決編〕
  • ストーリーテラー:上岡龍太郎

キャスト

  • 水沢克也 - 西川浩幸
  • 大宮泰昭 - 俵木藤太
  • 三条誠 - 稲葉暢貴
  • 小郡剛志 - 茅野イサム
  • 那須輝弘 - 山中崇史


安楽椅子探偵、再び[編集]

  • 放映:2000年5月12日〔出題編〕 / 19日〔解決編〕
  • ストーリーテラー:松尾貴史

キャスト


安楽椅子探偵の聖夜 〜消えたテディ・ベアの謎〜[編集]

  • 放映:2000年12月21日〔出題編〕 / 25日〔解決編〕
  • ストーリーテラー:佐野史郎

キャスト


安楽椅子探偵とUFOの夜[編集]

  • 放映:2002年3月8日〔出題編〕 / 15日〔解決編〕
  • ストーリーテラー:生瀬勝久

キャスト


安楽椅子探偵と笛吹家の一族[編集]

  • 放映:2003年6月13日〔出題編〕 / 20日〔解決編〕
  • ストーリーテラー:近藤サト

キャスト


安楽椅子探偵 ON AIR[編集]

  • 放映:2006年3月3日〔出題編〕 / 10日〔解決編〕
  • ストーリーテラー:鳥越俊太郎

キャスト


安楽椅子探偵と忘却の岬[編集]

  • 放映:2008年10月3日 24:24[1](25日0:24)〔出題編〕 / 10日25:59(翌日1:59)〔解決編〕
  • ストーリーテラー:わかぎゑふ

キャスト


安楽椅子探偵 ON STAGE[編集]

  • 放映:2017年1月6日 0:30(5日 24:30)〔出題編〕 / 14日 1:34(13日 25:34)〔解決編〕[2]
  • ストーリーテラー:谷原章介[3]

キャスト

  • 山科笛美 - 吉川莉早
  • 東山恵司 - 植木祥平
  • 中崎楽太 - 長南洸生
  • 中崎安夫 - 石田直也
  • 江坂紗夜 - 大橋梓
  • 駒川聖実 - 富樫世羅
  • 田辺空彦 - 竹村晋太朗
  • 天王寺満斗 - 行澤孝
  • 長田吹子 - 生田朗子
  • 平野友芳 - 井上拓哉
  • 緑橋登 - 浜口望海
  • 守口三咲 - 英智佳
  • 植田照信 - 平口泰司
  • 金山武寛 - 上杉逸平
  • 黒川響平 - 渡辺知晃
  • 竹田勘治 - 山浦徹
  • 安楽椅子探偵オタクの男(清水真人) - 湯浅崇
  • 天王寺丹貞 - 嶋尾康史
  • 戸越熊男 - 畑中ふう


応募数と正解数[編集]

# 応募総数 犯人名正解者 理由まで正解者
1 安楽椅子探偵登場 9,036 約900 10% 約300 3%
2 安楽椅子探偵、再び 6,310 約2,700 40% 約200 3%
3 安楽椅子探偵の聖夜 36,731 7,891 21.5% 40 0.1%
4 安楽椅子探偵とUFOの夜 7,110 711 10% 35 0.5%
5 安楽椅子探偵と笛吹家の一族 8,754 1,049 12% 85 1%
6 安楽椅子探偵 ON AIR 19,566 1,271 6.5% 58 0.3%
7 安楽椅子探偵と忘却の岬 24,321 5,594 23% 46 0.2%
8 安楽椅子探偵 ON STAGE 6,819 4,081 60% 32 0.47%

関連メディア[編集]

DVD[編集]

  • 綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(1) 安楽椅子探偵登場 ASIN: B00005HXOY
  • 綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(2) 安楽椅子探偵再び ASIN: B00005HXOZ
  • 綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(3) 安楽椅子探偵の聖夜 〜消えたテディ・ベアの謎〜 ASIN: B00005QWRX
  • 綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(4) 安楽椅子探偵とUFOの夜 ASIN: B00009V9HX
  • 綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(5) 安楽椅子探偵と笛吹家の一族 ASIN: B000EF7Z9K
  • 綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(6) 安楽椅子探偵 ON AIR ASIN: B001F3UWPE
  • 綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(7) 安楽椅子探偵と忘却の岬 ASIN: B01MU7NI95

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]