安楽寺 (埼玉県吉見町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安楽寺
Yoshimi Kannon Anraku-ji 03a.jpg
本堂
所在地 埼玉県比企郡吉見町御所374
位置 北緯36度3分15.6秒
東経139度26分17.8秒
座標: 北緯36度3分15.6秒 東経139度26分17.8秒
山号 岩殿山(いわどのさん)
宗派 真言宗智山派
本尊 聖観世音菩薩
創建年 大同元年(806年
開基 坂上田村麻呂
別称 吉見観音
札所等 坂東三十三箇所11番
関東八十八箇所75番
東国花の寺百ヶ寺 埼玉5番
文化財 三重塔(県指定文化財)
法人番号 7030005011363 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

安楽寺(あんらくじ)は、埼玉県比企郡吉見町にある真言宗智山派の寺院。山号は岩殿山。院号は光明院。本尊は聖観世音菩薩で、坂東三十三箇所11番札所[1]関東八十八箇所75番札所、東国花の寺百ヶ寺埼玉5番である。吉見観音とも称される。

また、第9番慈光寺、第10番正法寺とともに比企三山とも言われている。

歴史[編集]

この寺は、奈良時代の僧行基が聖観音像を安置したのに始まるとされ、平安時代初期の武将坂上田村麻呂が堂宇を建立したと伝えられる[注釈 1]。本尊の吉見観音は毎年6月18日に厄除観音会が催され、御開扉される。その後、源頼朝の弟源範頼三重塔などを建てたとされるが、兵火により焼失したという。もとは息障院が本坊でありこの寺の近くにあったが、その後息障院はこの寺の南東へ約1kmのところへ移った。江戸時代前期、杲鏡によって再興された。

文化財[編集]

  • 埼玉県指定文化財
  • 吉見町指定文化財
    • 仁王像

所在地[編集]

  • 埼玉県比企郡吉見町御所374

交通[編集]

隣の札所[編集]

坂東三十三箇所
10 正法寺 (東松山市) -- 11 安楽寺 -- 12 慈恩寺 (さいたま市)
関東八十八箇所
74 圓通寺 (川島町) -- 75 安楽寺 -- 76 錫杖寺 (川口市)
東国花の寺百ヶ寺
埼玉4 長泉寺 (本庄市) -- 埼玉5 安楽寺 -- 埼玉6 圓通寺 (川島町)  

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、『新編武蔵風土記稿』ではこれは比企郡岩殿観音の伝承に引き付けられたもので「取ルニ足ラス トニカク慥カナルコトニハアラス」としている[2]

出典[編集]

  1. ^ 札所の紹介/11番〜20番”. 坂東三十三観音公式サイト. 坂東札所霊場会. 2020年6月16日閲覧。
  2. ^ 「御所村 観音堂」『新編武蔵風土記稿』巻之197 横見郡之2、内務省地理局、1884年。NDLJP:764007/15

外部リンク[編集]