安房口神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安房口神社
Awaguchi Shrine torii 1.jpg
所在地 神奈川県横須賀市吉井3丁目11番
位置 北緯35度15分07秒
東経139度41分53秒
座標: 北緯35度15分07秒 東経139度41分53秒
主祭神 天太玉命
神体 霊石
創建 治承3年(1179年
本殿の様式 なし
別名 安房口明神
例祭 8月18日
主な神事 湯立神楽
地図
安房口神社の位置(神奈川県内)
安房口神社
安房口神社
テンプレートを表示

安房口神社(あわぐちじんじゃ、法人名:安房口神社)は、神奈川県横須賀市吉井にある神社

概要[編集]

安房口神社は吉井・明神山の山頂に鎮座する霊石を霊代として拝する特殊な形態を持つ神社である。

神体とする霊石は、安房国千葉県)鎮座の安房神社の祭神である天太玉命の霊代として、東国鎮護のために安房国より吉井明神山の山頂に出現飛来したと伝えられる。その巨石の面が安房国を向いているという事から、古来より安房口明神と尊称してきた。

社伝によれば、日本武尊が東征の折に登山して霊石を拝し、東夷征討が速やかに成就されされるよう立願したという。

湘南山手開発前の安房口神社の山麓の道筋は、古東海道の一つであると云われている。鎌倉幕府も大事のある時には、当地の郡主三浦義澄を代拝させて奉幣祈願を行ったという。

創立は詳らかでないが(『神社明細帳』によると治承3年(1179年[1])、巨石を以てご神体と仰ぎ、社殿を設けず、神社建築史上からいっても原初的な形態をなしていることなどから、古代の鎮座であることは信憑性のあることであり、又古代の信仰形態を現代にまで伝えている珍しい神社でもある[2]

現在の宮司は感見達也[3][4]

現地情報[編集]

所在地
神奈川県横須賀市吉井3丁目11番
交通アクセス
バス
京急久里浜駅または久里浜駅から「湘南山手」行きバス乗車、「安房口神社前」下車
付近
横須賀市立望洋小学校

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 神奈川県図書館協会 1998, pp. 82-89.
  2. ^ 神奈川県神社庁 1981, p. 143.
  3. ^ 感見 2014.
  4. ^ その他1宗教法人名簿 (PDF)”. 神奈川県. p. 1. 2019年7月28日閲覧。

参考文献[編集]

  • 神奈川県神社庁編 『神奈川県神社誌』 神奈川県神社庁、1981年。 
  • 感見達也 「安房口神社」、神奈川県神社庁鎌倉横須賀三浦連合支部神社案内冊子委員会編 『鎌倉・横須賀・三浦・逗子・葉山の神社』 文明堂印刷、2014年、136-137頁。 
  • 『神社明細帳(三浦郡)』 神奈川県図書館協会〈神奈川県郷土資料集成 第13輯〉、1998年。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]