安富才助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安富 才助(やすとみ さいすけ、天保10年(1839年) - 明治6年(1873年5月28日)は、備中足守藩出身の新選組隊士。入隊後、伍長、諸士調兼監察を経て、勘定方を担った。大坪流馬術の遣い手で新選組の馬術師範も務めた。後、副長。陸軍奉行添役。正儀通称は、会津藩庁記録では才輔、土方歳三資料館所蔵の書簡には才介と記されている。

生涯[編集]

足守藩士で勘定方に勤めていた安富正之進1852年没)の子として生まれる。

元治元年(1864年)10月頃に新選組に入隊。会計方後馬術師範となる。土方歳三の信頼は高かった模様である。

甲州勝沼の戦い以後は土方歳三と別行動を取ったが、会津で合流する。会津では隊長の斎藤一に次ぐ副長役を務めている。その後蝦夷地へ渡り、新選組と離れ、陸軍奉行並に就任した土方の直属の部下となった。箱館戦争で土方が戦死し、それを看取った才助は、土方家宛の手紙を書いて立川主税に託した。旧幕府軍は新政府軍に降伏した。

明治3年(1870年)に放免され、元御陵衛士阿部十郎に殺されたと伝わっていたが、近年故郷である足守(岡山市北区足守)の田上寺で才助のものとみられる墓が発見されており、そこには明治6年(1873年)5月28日没と記されている。足守藩の資料によれば、「新政府の命で足守に護送され、そのまま兄の元で謹慎生活を送った」とされる。足守護送後は帰農を命じられ、生涯にわたって帯刀は認められなかった。

なお、安富が立川に託した手紙は土方家に現存し、その手紙の中で、安富は「早き瀬に 力足らぬか 下り鮎 」と土方への追悼句を書き残している。ただし、この句を土方自身の辞世の句とする説もある。