安宅清康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
安宅清康
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正9年(1581年
別名 貴康
官位 河内(受領名)
主君 織田信長毛利輝元→織田信長
氏族 安宅氏
父母 父:安宅冬康
兄弟 信康清康、神太郎
重俊

安宅 清康(あたぎ きよやす)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将淡路国洲本城由良城を拠点に淡路水軍を率いた。

略歴[編集]

天正6年(1578年)、兄・安宅信康が死去したために家督を継いだ。兄の代から安宅氏は織田信長に従属していたが、清康は安芸国毛利輝元に内応し、織田氏に敵対する動きを見せたことから、天正9年(1581年)に信長の命によって羽柴秀吉池田元助らの軍に攻撃を受け開城、降伏した。

太閤記』によれば、この後、元助に同行して安土へ行き、信長に所領を安堵されたとされている。しかし程なくして所領を没収されて紀伊国に追放され、同年中に病死したため淡路安宅氏は滅亡した。

また、近年の研究によれば、一次史料において、信康・清康兄弟の実在性を示すものは存在せず、安宅氏の家督は冬康の嫡男・神太郎(神太郎○康)が継承し、その没後は冬康の兄・三好実休の三男である安宅神五郎(神五郎某)[1]が継承したとされている[2]。神太郎・神五郎の実名が信康・清康であった可能性もあるが、それを裏付ける史料は存在しない。

脚注[編集]

  1. ^ 三好長治十河存保の弟。
  2. ^ 天野忠幸「三好一族の人名比定について」(初出:天野『戦国期三好政権の研究(初版))』(清文堂、2010年)/改訂所収:天野『増補版 戦国期三好政権の研究』(清文堂、2015年) ISBN 978-4-7924-1039-1