安宅夏夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安宅 夏夫(あたか なつお、1934年8月29日 - 2020年3月23日)は、日本詩人作家石川県金沢市出身、慶應義塾大学文学部卒。金沢市で18年間、高校の国語教員として勤務の傍ら短歌の創作を行う。その後上京して文筆家となる。日本現代詩人会、大衆文学研究会会員。同人誌「群系」の創刊同人。

2003年、『「日本百名山」の背景 深田久弥・二つの愛』で尾崎秀樹記念・大衆文学研究賞評論・伝記部門を受賞、2012年、第一回群系賞を、野口存彌氏とともに受賞。本名、安宅敏雄。。

著書[編集]

  • 『合著 現代短歌’66』 東京歌人集会 1966
  • 『合著 現代詩の鑑賞』 明治書院 1968
  • 『詩集 シオンの娘』 私家版 1968
  • 『歌集 アドニス頌』 思潮社 1969
  • 『詩集 ラマ・タブタブ』 長帽子の会 1969
  • 『火の舞踏・安宅夏夫詩集』 母岩社 1972
  • 『愛の狩人室生犀星社会思想社 1973 (現代教養文庫)
  • 『歌集 火の泉』 書肆季節社 1974
  • 『詩画集 萬華鏡』 沖積舎 1978
  • 『金沢文学散歩』 保育社 1984 (カラーブックス)
  • 『鎌倉文学散歩』 保育社 1993 (カラーブックス)
  • 『坂東三十三カ所・秩父三十四カ所めぐり』 大牟田太朗共著 JTB 1997
  • 松本清張研究』 砂書房 1998
  • 渡辺淳一作品にみるヒロインたちの生きかた』 郷原宏共著 KSS出版 1999
  • 『「日本百名山」の背景 深田久弥・二つの愛』 集英社新書 2002

外部リンク[編集]