安士正夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

安士 正夫(やすし まさお、1912年9月3日 - 1970年10月4日)は、フランス文学者、東京都立大学名誉教授。

北海道小樽市生まれ。1937年東京帝国大学仏文科卒、東京都立大学教授を務めた。バルザックが専門だが、ルソー『新エロイーズ』を初めて完訳した。

著書[編集]

  • バルザック研究 「人間喜劇」の成立 東京創元社 1960
  • バルザック論考 朝日出版社 1972
  • 近代欧米文学史概説(編)日本出版協同 1952

翻訳[編集]

  • ヨーロッパ文明史 フランソワ・ギゾー 中田精一(筆名)訳 三邦出版社.上下 1943-1944、
     安士正夫訳で、角川文庫上下、新版 みすず書房(復刊2006)副題「ローマ帝国の崩壊よりフランス革命にいたる」
  • ジェルミナール 芽生えの月 第1 エミール・ゾラ 美紀書房 1946 のち全訳 三笠書房 1951、のち岩波文庫 上中下
  • 結婚の生理学 バルザック 万里閣 1948、 のち古田幸男共訳「バルザック全集」東京創元社
  • 新エロイーズ 全4冊 ルソー 河出書房 1949-1951、のち岩波文庫 全4冊(重版多数)
  • 文学史の方法 ブリュンティエール 小場瀬卓三平岡昇共訳、未來社 1955