安堵町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記Kanji for another OS version to.pngと異なる可能性があります。
あんどちょう
安堵町
富本憲吉記念館
Flag of Ando Nara.JPG Symbol of Ando Nara.svg
安堵町旗
1971年7月12日制定
安堵町章
1971年7月12日制定
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 奈良県
生駒郡
団体コード 29345-8
法人番号 9000020293458
面積 4.31km2
総人口 7,307[編集]
推計人口、2019年6月1日)
人口密度 1,695人/km2
隣接自治体 奈良県大和郡山市生駒郡斑鳩町磯城郡川西町北葛城郡河合町
町の木 モチノキ
町の花 テイカカズラナデシコ
安堵町役場
町長 西本安博
所在地 639-1095
奈良県生駒郡安堵町東安堵958
北緯34度36分23.3秒東経135度45分24.3秒座標: 北緯34度36分23.3秒 東経135度45分24.3秒
Ando Town Office.jpg
外部リンク 公式ウェブサイト

安堵町位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト

安堵町(あんどちょう)は、奈良県生駒郡。面積4.31平方キロ(東京ドーム約100個分に相当する)であり、大阪府泉北郡忠岡町、奈良県磯城郡三宅町に次いで全国で3番目に小さい町である。

地理[編集]

大和盆地中央部に位置し、田園地帯が広がる。町西側には富雄川、南側には大和川が流れる。隣接する大和郡山市や川西町とともに、西名阪自動車道沿道付近を中心として工場や倉庫が点在する。

歴史[編集]

古代の大和国平群郡飽波郷(あくなみ)[1]の地である。

沿革[編集]

町域の変遷[編集]

明治22年 明治29年 昭和61年 現在
奈良県
平群郡 生駒郡
安堵村 安堵町

経済[編集]

企業[編集]

ライブスチーム(模型蒸気機関車)の製造・販売も手がけており、世界中で高い評価を得ている。 ラジコンのエンジンも作っている。

  • 住江織物

農業協同組合(JAならけん)[編集]

  • 安堵支店(東安堵) - JAバンクATMも設置。

日本郵政グループ[編集]

(※2014年6月現在)

  • 安堵郵便局(東安堵) - ゆうちょ銀行ATMのホリデーサービス実施局。

※安堵町全域の郵便番号は「639-10xx」「639-11xx」(大和郡山市と同じ)で、集配業務は大和郡山郵便局(大和郡山市杉町)が担当している。

行政[編集]

議会[編集]

定数:9[2]

地域[編集]

人口[編集]

Demography29345.svg
安堵町と全国の年齢別人口分布(2005年) 安堵町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 安堵町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
安堵町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

奈良県統計 安堵町の人口

  • 2007年10月1日現在 : 8,076人
  • 人口増加率(2002年→2007年) : -4.4%

町の施設[編集]

教育[編集]

中学校[編集]

  • 安堵町立安堵中学校(窪田)

小学校[編集]

  • 安堵町立安堵小学校(東安堵)

交通[編集]

町内にて利用できる公共交通奈良交通路線バスのみである。

鉄道[編集]

バス[編集]

このほか、当町西部では河合町巡回ワゴン「すな丸号」北ルートの御幸橋停留所が利用可能な地域があり、近鉄田原本線大輪田駅佐味田川駅へ向かうことができる。

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

出身有名人[編集]

選挙区割り[編集]

  • 衆議院議員選挙の選挙区は「奈良県第2区」、奈良県議会議員選挙の選挙区は「生駒郡選挙区」(定数:3)となっている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ jlogos.com
  2. ^ 統一地方選後半戦の結果”. 日本共産党奈良委員会. 2019年5月6日閲覧。
  3. ^ 選挙区と定数 奈良県選挙管理委員会

外部リンク[編集]