安堅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安堅
各種表記
ハングル 안견
漢字 安 堅
発音: アン・ギョン
ローマ字 Ahn Gyeon
テンプレートを表示

安 堅アン ギョン、あん けん、: 안견)は、朝鮮王朝時代初期の山水画家。

忠清南道池谷の人。字は可度、得守。号は玄洞子、朱耕。生没年不詳であるが、およそ世宗年間に活躍し、15世紀の後半に没したと考えられている。

その山水は北宋郭煕の画風を継承したものである。安平大君(1418年 - 1453年)が夢にみた桃源郷を美しい淡墨で描いた「夢遊桃源図」(1447年、天理大学附属天理図書館重要文化財)がその代表作で、3日で完成したと言われる。安平大君など21人の跋がつく。

のち、梁ホウ孫など、16世紀中期頃まで多くの安堅派の山水画家を生んだ。

夢遊桃源図