安国駅 (ソウル特別市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
安国駅
6番出入口(2006年4月2日)
6番出入口(2006年4月2日)
안국
アングク
Anguk
327 景福宮 (1.1km)
(1.0km) 鍾路3街 329
所在地 大韓民国の旗ソウル特別市鍾路区栗谷路地下 62(安国洞 148)
位置座標
駅番号 328
所属事業者 ソウル交通公社
所属路線 3号線
キロ程 12.2km(紙杻起点*)
31.4km(大化起点**)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
26,985人/日(降車客含まず)
-2015年-
乗降人員
-統計年度-
56,423人/日
-2015年-
開業年月日 1985年10月18日
備考 * ソウル交通公社3号線の起点として
** 首都圏電鉄3号線の起点として
安国駅
各種表記
ハングル 안국역
漢字 安國驛
平仮名
(日本語読み仮名)
あんこくえき
片仮名
(現地語読み仮名)
アングンニョク
英語 Anguk Station
テンプレートを表示
ホームドア設置前のホームドア(2007年12月19日)

安国駅(アングクえき)は大韓民国ソウル特別市鍾路区安国洞にある、ソウル交通公社3号線駅番号は(328)。

駅構造[編集]

ホーム階は地下3階にあり、島式ホーム1面2線を有している。保安用にホームドアシステム(フルスクリーンタイプ)を装備する。

改札階は地下2階にあり、改札口は西側(景福宮寄り)と東側(鍾路3街寄り)の2ヶ所ある。西側の改札のみホームへの連絡エレベーターが設置されている。化粧室は改札外にある。

出入口は1番から6番までの計6ヶ所ある。

のりば[編集]

案内上ののりば番号は設定されていない。

安国駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
上り 3 3号線 旧把撥紙杻大谷大化方面
下り 3 3号線 乙支路3街高速ターミナル道谷梧琴方面

利用状況[編集]

近年の一日平均利用人員推移は下記のとおり。

路線 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 出典
3 3号線 乗車人員 17,537 18,693 21,033 21,788 21,673 21,439 21,270 22,346 22,962 23,587 [1]
降車人員 19,321 21,209 23,678 24,636 24,364 24,125 24,034 25,314 25,726 26,812
乗降人員 36,857 39,902 44,712 46,424 46,037 45,564 45,304 47,660 48,688 50,399
路線 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
3 3号線 乗車人員 24,201 25,131 26,065 26,189 28,102 26,985
降車人員 27,647 28,534 29,198 29,329 31,240 29,437
乗降人員 51,848 53,665 55,263 55,517 59,342 56,423


駅周辺[編集]

名所[編集]

公共機関[編集]

教育機関[編集]

メディア・市民社会団体[編集]

その他[編集]

歴史[編集]

  • 1985年10月18日 - ソウル特別市地下鉄公社3号線(当時)・独立門~良才区間の開通とともに開業。
  • 2005年1月1日 - ソウル特別市地下鉄公社がソウルメトロに改称。

隣の駅[編集]

ソウル交通公社
3 3号線
景福宮駅 (327) - 安国駅 (328) - 鍾路3街駅 (329)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 서울메트로 > 공사소개 > 운행현황 > 수송통계 자료실 Archived 2016年3月4日, at the Wayback Machine.
  2. ^ この施設のため、駅の利用者は老人がかなり多い[要出典]
  3. ^ 現代峨山、現代商船、現代海上火災保険などが入居している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]