コンテンツにスキップ

安国造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

安国造(やすのくにのみやつこ・やすこくぞう)は近江国東部(琵琶湖東岸)を支配した国造淡海安国造近淡海安国造とも。

概要

[編集]

祖先

[編集]

氏族

[編集]

安氏(やすうじ、)。

本拠

[編集]

近江国野洲郡で、現在の滋賀県野洲市および守山市に相当する。後に淡海国造の支配下に置かれたともいう[要出典]

氏神

[編集]

不明。天之御影神とも[1]

人物

[編集]

関連項目

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ 川口謙二『東京美術選書23続神々の系図』(東京美術、1980年)p.66.

参考文献

[編集]
  • 『國史大辭典』(吉川弘文館)
  • 坂本太郎・平野邦雄『日本古代氏族人名辞典』(吉川弘文館)
  • 『日本史広辞典』(山川出版社)
  • 『神道大辞典』(臨川書店)