安全保障関連法に反対する学者の会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

安全保障関連法に反対する学者の会(あんぜんほしょうかんれんほうにはんたいするがくしゃのかい)とは日本に存在する政治団体の名称。この団体は第3次安倍内閣によって進められている平和安全法制反対することを目的として活動されている。団体の呼びかけ人は、大学教授弁護士などといった学者であり、平和安全法制というのは違憲であると主張されている。そして憲法9条の元で持続してきた平和主義を捨て去る暴挙であるとも主張されている[1]2015年6月に結成、9月25日には会の名称を安全保障関連法案に反対する学者の会から安全保障関連法に反対する学者の会に変更[2]。街頭においての平和安全法制に反対する政治運動を実施していることもある。自由と民主主義のための学生緊急行動などといった他の団体とも共闘していることがある[3]。2015年12月21日には他の安全保障関連法に反対する複数の団体と「安全保障法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」を結成[4]

脚注[ソースを編集]