安井秀勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安井 秀勝(やすい ひでかつ、生没年不詳)は、安土桃山時代から江戸時代初期の武将。

通称、郷左衛門尉。室は大久保氏の娘。三河国に生まれ、のちに岡崎の徳川家康に仕え遠江国中泉に300石を賜る。のちに徳川頼宣につけられた。子の安井重勝は、徳川秀忠に仕えた。

参考文献[編集]