安井清子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

安井清子(やすい きよこ、1962年- )は、日本ラオス文学者図書館活動家

東京都生まれ。国際基督教大学卒業後、NGOスタッフとして、タイ難民キャンプやラオスで児童図書館活動に携わる。の図書館活動を支援しながら、モン族民話口頭伝承生活文化記録に携わる。ラオス山の子ども文庫基金代表。ラオスのビエンチャン在住。[1]

著書[編集]

  • 『空の民の子どもたち 難民キャンプで出会ったラオスのモン族』社会評論社 ちいさなところから世界をみつめる本(1993年
  • 『森と友だち川と友だち ラオス』写真 草土文化 アジアの子どもたち(1998年
  • 『ラオスすてきな笑顔』文・写真 NTT出版(1998年)
  • 『ラオス山の村に図書館ができた』福音館書店2015年

翻訳など[編集]

  • 『とらときつねとおおうし』イエン・トゥ モンの絵本の会(1994年
  • 『かたつむりとさる ラオス・モン族の民話』ヤン・サン再話 ハー・ダン下絵 福音館書店 こどものとも世界昔ばなしの旅(1997年
  • ミンフォン・ホ作 ホリー・ミード絵『しーっ!ぼうやがおひるねしているの』偕成社(1998年)
  • 『サルとトラ ラオス・モン族の民話』ヤン・サン再話 ドゥア・リー下絵 ヤン・ロン, ヤン・イエン刺繍 福音館書店 こどものとも世界昔ばなしの旅(2005年
  • 『ラーシアのみずくみ』砂山恵美子こぐま社2009年
  • 『モンの民話 ラオスの山からやってきた』新改訂版 ソムトン・ローブリアヤオ監修 ディンディガル・ベル(2012年

[編集]

  1. ^ 『ラオス山の村に図書館ができた』著者紹介