安井三吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

安井 三吉(やすい さんきち、1941年- )は、中国現代史学者、神戸大学名誉教授。

東京生まれ。東京大学文学部東洋史学科卒、1972年同大学院博士課程満期退学、神戸大学教養部講師、助教授、国際文化学部教授、2004年定年退官、名誉教授、孫文記念館館長・神戸華僑歴史博物館研究室長。専門は中国社会文化論[1]

著書[編集]

共編著[編集]

  • 『図説中国近現代史』池田誠、副島昭一,西村成雄共著 法律文化社 1988
  • 『孫文と神戸』陳徳仁共著 神戸新聞出版センター シリーズ兵庫の歴史 1985
  • 孫文・講演「大アジア主義」資料集 1924年11月日本と中国の岐路』陳徳仁共編 法律文化社 孫中山記念会研究叢書 1989
  • 『東アジア政治のダイナミズム』赤木攻共編 青木書店 講座東アジア近現代史 2002
  • 『孫文記念館30年の歩み 1984-2014年』蔣海波共編 孫中山記念会著 孫中山記念会 2015

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『帝国日本と華僑』著者紹介

外部リンク[編集]