安中城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安中城(あんなかじょう)は、現在の群馬県安中市安中にある戦国時代に築かれた日本の城である。

略史[編集]

1559年永禄2年)、上野国碓氷郡安中に、安中氏安中重繁によって築城された。

安土桃山時代になり、徳川家康関東の地に入封すると安中城は改築され、井伊家が入封した。

安中藩は井伊家2代(3万石)、のち水野家2代(2万石)、堀田家1代(2万石→4万石)、板倉家2代(2万石)、内藤家2代(2万石)、再び板倉家6代(2万石→3万石)と続き、板倉主計守勝殷の時に明治維新を迎えている。 歴代藩主の中で著名なのは堀田正俊板倉勝清であり、それぞれ老中を勤めている。 遺構として、専門家の検証はなされていないが、市内熊野神社に城門が1棟、民家に城門が都合それぞれ2棟、そして市内民家に武器庫が現存している。


関連項目[編集]

座標: 北緯36度19分45.7秒 東経138度53分48秒