守田達弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
守田 達弥 Football pictogram.svg
名前
愛称 ジャンボ、モリ[要出典]
カタカナ モリタ タツヤ
ラテン文字 MORITA Tatsuya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-08-03) 1990年8月3日(27歳)
出身地 千葉県千葉市若葉区
身長 191cm
体重 87kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 松本山雅FC
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2013 京都サンガ 13 (0)
2012-2013 カターレ富山 (loan) 61 (0)
2014-2017 アルビレックス新潟 106 (0)
2018- 松本山雅FC
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月23日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

守田 達弥(もりた たつや、1990年8月3日 - )は、千葉県千葉市若葉区出身のプロサッカー選手Jリーグ松本山雅FC所属。ポジションGK

来歴[編集]

習志野市立習志野高等学校出身だが、全国高等学校サッカー選手権大会への出場経験はない。

2009年京都サンガF.C.に入団。1年目は水谷雄一が全試合出場を果たしたため出番なしに終わった。2010年も当初は水谷の控えだったがチームが下位に低迷したこともあって9月11日ヴィッセル神戸戦でデビューを飾る。その後は水谷から定位置を奪取したが、結局J2降格が決まってしまった。

J2で迎えた2011年平井直人の引退もあって定位置確保かと思われたが、水谷が定位置を奪い返したため出場機会なしに終わった。2012年も水谷の控えだったが、6月10日にGKに故障者が相次いだカターレ富山への期限付き移籍が発表された[1]。第21節ロアッソ熊本戦(0-2)で移籍後初出場を果たすと、鶴田達也飯田健巳を抑えてポジションを確保し、シーズン終了まで22試合連続出場を果たした。2013年も開幕から引き続きゴールを守った。

12月28日に富山への期限付き移籍が満了。同時に東口順昭が抜けたアルビレックス新潟への完全移籍が発表された[2]。同年は全34試合に出場した。

2018年、松本山雅FCへ完全移籍[3]

エピソード[編集]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2009 京都 29 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2010 13 0 0 0 1 0 14 0
2011 21 J2 0 0 - 0 0 0 0
2012 0 0 - - 0 0
富山 41 22 0 - 1 0 23 0
2013 39 0 - 1 0 40 0
2014 新潟 21 J1 34 0 6 0 2 0 42 0
2015 32 0 10 0 0 0 42 0
2016 30 0 1 0 2 0 33 0
2017 10 0 4 0 1 0 15 0
2018 松本 1 J2 -
通算 日本 J1 119 0 21 0 6 0 146 0
日本 J2 61 0 - 2 0 63 0
総通算 180 0 21 0 8 0 209 0

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典

関連項目[編集]

外部リンク[編集]