守田満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

守田 満(もりた みつ、1923年6月29日 - )は日本陸上選手(女性)である。マスターズ100メートル、200メートルの世界記録保持者。熊本県八代市在住[1]

経歴[編集]

戦後、夫とともに葬儀屋を経営。67歳で引退。 69歳の時、町内の運動会で活躍したことがきっかけで、マスターズ陸上への出場を勧められ69歳から陸上競技を始めた[2]

2013年9月29日、日本体育協会から日本スポーツグランプリを受賞した[3]。同年10月5日、6日に西京極陸上競技場で行われた国際ゴールドマスターズ京都大会に90歳で出場し、100mで23秒15、200mを出した[4]

日本マスターズ陸上競技連合が認定する年代別記録において、80-84歳・85-89歳・90-94歳の3つのクラスで100メートル走および200メートル走の日本記録を保持している[5]400メートル走では75-79歳のクラスの日本記録を持つ[5]

2014年、内閣府の「エイジレス・ライフ実践事例」として表彰される[6]

人物[編集]

食事は好き嫌いが激しい。肉と卵を毎日食べる。 負けず嫌いで、一番にならないと価値がないと考えている。 地元の小学生チームで、タイヤ引きなどのトレーニングを行っている[7]

達成した世界記録[編集]

  • 200m 40秒78(80歳から84歳)[3]
  • 100m 19秒83(85歳から89歳)[3]
  • 200m 45秒65(85歳から89歳)[3]
  • 100m 23秒15(90歳から94歳)[1]
  • 200m 55秒62(90歳から94歳)[3]

出演[編集]

脚注[編集]