守口市市民球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
守口市市民球場
Moriguchi Municipal Baseball Stadium
守口市市民球場
施設データ
所在地 大阪府守口市松下町1-58(大枝公園内)
所有者 守口市
管理・運用者 守口市
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 なし
収容能力
1,500人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:12,572m2
両翼:90 m
中堅:110 m

守口市市民球場(もりぐちし・しみんきゅうじょう)は、大阪府守口市の大枝公園内にある野球場。守口市が運営管理を行っていた。

概要[編集]

主として少年野球軟式野球ソフトボールの試合・練習に使用されている。グラウンドサイズの問題上硬式野球は使用不可。

2016年6月を持って、大枝公園の再整備の実施に伴い一旦野球場の利用を終了。2018年ごろに全面人工芝の新球場として生まれ変わる予定で、その際はサッカー・ラグビーにも対応した球技場の機能も併設する予定[1]。なお、市民球場以外の大枝公園周辺地域も2018年度までに順次整備し、相撲場、テニスコート、児童遊具施設の整備などを予定している[2]

施設概要[編集]

  • グラウンド面積:12,572m2
  • 両翼:90m、中堅:110m
  • 内野:クレー舗装、外野:天然芝
  • スコアボード:パネル式(得点表示のみ)
  • 照明設備:なし
  • 収容人員:1,500人(内野ネット裏:座席、1・3塁側:芝生席、外野:スタンドなし)

交通[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 市民球場の利用が終了
  2. ^ ありがとう守口市民球場 解体工事本格スタート(大阪日日新聞2016年8月3日・地域総合「おおさかタウン」面、同日閲覧)

外部リンク[編集]