宇野藤雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宇野 藤雄
生誕 (1927-03-15) 1927年3月15日(92歳)
愛知県丹羽郡羽黒村
(現・愛知県犬山市
国籍 日本の旗 日本
著名な実績 日本画、洋画
選出 英国王立芸術協会(名誉会員)
活動期間 1947年 -

宇野 藤雄(うの ふじお、1927年3月15日[1] - )は、日本の画家日本画及び洋画を専門とする。

人物[編集]

愛知県丹羽郡羽黒村(現・愛知県犬山市)出身。幼いころより絵が好きで小学校時代は得意な絵で訓導(教師)より成績表で褒め称えられていたという[2]。青春期は時あたかも第二次世界大戦中とぶつかり、自身も徴兵により軍隊に取られたこともあり、絵筆を握ることもままならなかった[2]

戦争終了後、20歳になった時から画家としての活動を始め、1952年度の二科展で初入選し、以後23年連続入選を果たしている[3]。自身は和歌・俳句、仏教などあらゆる日本文化を研究しつくし、研究から得た知識をキャンパスに表現する手法を長年執っている[2]

自身の作品は海外でも出展され、カンヌ国際展グランプリを始め数々の賞を獲得する栄に浴し[1]、日本各地やブラジルフランスでも個展を開催している[3]。また中国書法研究院客員教授なども務めた[4]。2015年にはミラノ国際博覧会 (2015年)にて自作が展示されるなど、国際的知名度も高い[5]

フィギュアスケート選手の宇野昌磨は孫である[1][6]

脚注[編集]