宇野気駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宇野気駅
表口駅舎(2009年6月13日)
表口駅舎(2009年6月13日)
うのけ
Unoke
能瀬 (3.7km)
(3.0km) 横山
所在地 石川県かほく市宇野気チ70-5
所属事業者 JR logo (west).svg西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 七尾線
キロ程 8.8km(津幡起点)
金沢から20.3km
電報略号 ウケ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,338人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1898年明治31年)4月24日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
テンプレートを表示
裏口駅舎(2009年6月13日)

宇野気駅(うのけえき)は、石川県かほく市宇野気にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)七尾線である。

かほく市の代表駅である。特急能登かがり火」の上り2本(2号・8号)、下り3本(3号・7号・9号)が停車する。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。駅舎を2つ持ち、表口(上りホーム側)はコンクリート平屋建て、裏口(下りホーム側)は「ふるさと館」との併設となっている。互いのホームは跨線橋で連絡している。

七尾鉄道部が管理し、ジェイアール西日本金沢メンテックが駅務を受託する業務委託駅で、みどりの窓口が設置されている。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 七尾線 上り 津幡金沢方面
2 七尾線 下り 羽咋七尾方面

停車列車は方向別でホームを使い分けるが、1番のりばは下り方面への入線・発車も可能である。

利用状況[編集]

かほく市宇野気は金沢のベッドタウンともいえる町で、金沢方面への通勤通学者の利用が多いところである。利用者の多くは金沢方面への通勤通学者である。駅から徒歩約5分のコンピューター企業「PFU」に通勤するサラリーマンの利用もある。
「石川県統計書」によると、近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。

年度 1日平均
乗車人員
1997年 1,536
1998年 1,566
1999年 1,531
2000年 1,495
2001年 1,425
2002年 1,337
2003年 1,309
2004年 1,252
2005年 1,221
2006年 1,191
2007年 1,203
2008年 1,223
2009年 1,236
2010年 1,197
2011年 1,189
2012年 1,217
2013年 1,275
2014年 1,148
2015年 1,338

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

東口[編集]

  • 主に福祉向けの循環バスの運行がある。
  • 北陸鉄道浅野川線内灘駅を経て金沢市内へ向かうバスが朝、夕の通勤時間帯のみ運行している。
  • 「イオンモールかほく」行き無料シャトルバスが運行している(現在のところいつまでの運行期限は明記されていない)

西口[編集]

  • 西口より徒歩5分ほどの「宇の気」バス停から七塚・高松、津幡方面へのバスが運行していたが、既にこのバス路線は廃止となっている。

隣の駅[編集]

※特急「能登かがり火」(当駅には一部のみ停車)の隣の停車駅は能登かがり火を参照のこと。

西日本旅客鉄道
七尾線
能瀬駅 - 宇野気駅 - 横山駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]