宇田川岳夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宇田川 岳夫(うだがわ たけお、1957年 - )は、サブカルチャー研究家である。

60-70年代のメインカルチャーに反逆的な漫画、音楽、演劇等の芸術作品を「フリンジ・カルチャー」と命名、「萌え系」文化全盛の時代に反逆する評論活動を行う。「ふくしま政美ルネッサンスの会」元会長。

略歴[編集]

東京都出身。 東京大学卒業。 80年代には同人誌『漫画ゾンビ』を編集。1984年、『漫画ブリッコ』で竹熊健太郎が「聖マッスル」を取り上げたことから同誌に投稿、以後親交を深める。同時期に雑誌『MARQUEE』にロック評論を寄稿していた。

90年代半ば、『QuickJapan』が幻のカルト漫画家として徳南晴一郎を取り上げた際に、同誌と関わりを持ち始め注目を集める。その前後に『G-Modern』や『BURST』でアンダーグラウンド・ロックに関する原稿を執筆している。

現在は、都内の私立中高一貫校で教員として授業を行っている。

著作[編集]

外部リンク[編集]