宇恵和昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宇恵 和昭(うえ かずあき、1954年4月22日 - )は、日本のCMディレクター、映像監督。北海道旭川市出身。

人物[編集]

小学生から野球少年であり、ポジションはキャッチャーであった。中学2年の夏、『卒業』で初めて洋画を見る。高校では野球を断念し、当時ブームだったフォークソング深夜放送などに夢中になる。大学では社会学を学ぶ傍ら、宣伝会議主催のコピーライター養成講座に通う。

1977年、東洋シネマ入社。プロダクションマネージャーを経験。その後、企画演出部へ転属。1985年、東洋シネマを退社し、フリーランスとなる。1991年、宇恵事務所設立。

ACC賞など多数受賞。J-PHONE写メール」シリーズ、マックスファクター「ななこなでしこ」シリーズ、江崎グリコ「キスミント」シリーズなど、ヒットCMを数多く生み出す。

2010年4月 『ダーリンは外国人』(主演:井上真央)で映画監督デビューを果たす。

CM[編集]

1985年 - 2003年[編集]

2004年 - 2009年[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

映画[編集]

関連項目[編集]