宇志比古神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
宇志比古神社
宇志比古神社
所在地 徳島県鳴門市大麻町大谷字山田66
位置 北緯34度9分43.1秒
東経134度32分12.6秒
座標: 北緯34度9分43.1秒 東経134度32分12.6秒
主祭神 宇志比古尊
応神天皇
仁徳天皇
神功皇后
社格 式内社郷社
創建 不詳
地図
宇志比古神社の位置(徳島県内)
宇志比古神社
宇志比古神社
テンプレートを表示

宇志比古神社(うしひこじんじゃ)は、徳島県鳴門市大麻町大谷に鎮座する神社である。

歴史[編集]

創建年は不詳。天正年間(1573年-1593年)に長宗我部元親の乱入により社殿、古記録、社宝を焼失したが、後に再興された。江戸時代には八幡宮と呼ばれ、明治以降に宇志比古神社を称している。

徳島県内で現存する神社本殿では最古にあたり、2000年平成12年)12月4日に本殿が国の重要文化財に指定された。

祭神[編集]

交通[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]