宇宙 未知への大紀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

宇宙 未知への大紀行(うちゅう みちへのだいきこう)は、2001年4月から12月にかけてNHKスペシャル枠で放送されたドキュメンタリー番組。全9話(全9集)。本放送後の翌年には、7月から8月にかけてNHK教育テレビジョンにて小中学生向けに再構成した『ジュニア版NHKスペシャル』として6シリーズが制作され、後にBS hiでも放送された。

概要[編集]

広大な宇宙。はたして、生命の住む星は地球だけなのか。人間は宇宙という舞台で、どのような未来を切り開いていこうとしているのか。生命はどこから来て、どこへ向かおうとしているのか。150億年という壮大な宇宙の進化を、ロマンあふれるCG映像でたどっていく天体探訪シリーズ。宇宙空間を泳ぐかのような、スケール豊かな旋律を奏でる東儀秀樹のテーマ音楽も美しい映像に臨場感を膨らませる番組。

放送内容[編集]

第1集「ふりそそぐ彗星が生命を育む」

彗星(すいせい)が飛来して塵(ちり)をまき散らし地球に生命が誕生したのか?そして、どのように絶滅と進化をくり返したのか?
地球の生命と宇宙の結びつきを探る。

第2集「地球外生命を探せ」

木星の衛星に生命が存在する可能性はあるのか、パソコンをつないで宇宙からの電波をとらえることはできるのか?
地球以外の星に生命を探すさまざまな試みに迫る。

第3集「火星へのはるかな旅」

人類史上最大の冒険とも言われる火星飛行。
次々とベールを脱ぐ火星の姿に魅せられ、4億キロという、はるかな旅を夢見る壮大な人類の挑戦を描く。

第4集「惑星改造 ~もうひとつの地球が生まれる~」

人間が住める環境に火星を改造して移住する構想を描く近未来の地球人。
私たちの子孫は、青い地球を眺めながらもうひとつの地球で暮らすことができるのか?

第5集「150億年の遺産 ~生命に刻まれた星の生と死~」

星々が誕生し大爆発をくり返すうちに生まれたという元素。富と権力の象徴である黄金も同様に生まれたのか?
150億年の宇宙の進化と元素誕生の関係を探る。

第6集「もうひとつの地球を探せ」

広大な宇宙に望遠鏡を向け、地球に似た惑星を探す惑星ハンターたち。
生命が満ちあふれる星を求めて、新しい惑星を探し続ける天文学者たちの情熱と挑戦を追う。

第7集「ブラックホール ~銀河を揺るがす謎の天体~」

存在は知られているが、正体は謎に包まれているブラックホール。
星々の大軍団・銀河の中心にあるこの不思議な天体は、どのような役割を果たしているのか?

第8集「宇宙に終わりはあるのか」

21世紀、宇宙が神話であった時代から観測する時代になった。
神話が描く「宇宙の終焉」とはどういうものか、そして、膨張する宇宙の未来とは?
最新の観測技術で迫り、人類の新たな宇宙観を模索していく。

第9集「~エピローグ~ 宇宙は生命に満ちているか」

ひょっとしたら、21世紀は人類が宇宙に乗り出す大航海時代となるのか?
大宇宙を舞台に人間・生命の起源と行方に迫る壮大なストーリーで締めくくる総集編。

スタッフ[編集]

ジュニア版放送内容[編集]

※カッコ内はNHKスペシャル放送時の話数順

第1集「クレーターの謎」(第1集)

すい星大衝突と生命の進化を探る

第2集「地球の幸運」(第1集、第5集)

生命の星と死の星の分かれ道

第3集「地球外生命を探せ」(第2集)

知的生命は存在するか

第4集「人類は火星に移住できるのか」(第3集、第4集、第6集)

近未来の地球人が見つめる壮大な火星改造計画の全ぼう

第5集「星のカケラから私たちは生まれた」(第5集)

150億年の歴史が生んだ星々の大爆発と元素誕生の関係を追う

第6集「宇宙に果てはあるのか」(第8集)

膨張する宇宙はこれからどうなるか

出典[編集]

  • NHKオンデマンド NHKスペシャル『宇宙 未知への大紀行』巻頭文から

関連項目[編集]

外部リンク[編集]