宇佐美敏晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宇佐美 敏晴
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県西条市
生年月日 (1947-08-05) 1947年8月5日
没年月日 (2018-06-19) 2018年6月19日(70歳没)
身長
体重
183 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1965年 ドラフト6位
初出場 1967年
最終出場 1967年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

宇佐美 敏晴(うさみ としはる、1947年8月5日 - 2018年6月19日[1])は、愛媛県[2]出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

西条高校では、1965年夏の甲子園予選北四国大会の県予選準々決勝に進出するが、北宇和高に敗退。三塁手右翼手もこなし、夏の甲子園県予選では右翼手、三番打者として打率.250をマークした。

1965年のドラフト会議読売ジャイアンツから6位指名され入団[2]1967年にはジュニアオールスターに出場。同年10月11日広島を相手に一軍初先発。10月14日には中日との対戦で5回からリリーフ、その後を無失点で投げ抜きプロ初勝利を記録した。10月16日大洋との最終戦でも先発するが、早々に打込まれ降板、敗戦投手となる。翌年以降は故障もあって一軍での登板機会はなく、外野手への転向を図るが、結局は1970年限りで引退[2]。上手からの速球とドロップを武器とした。

引退後故郷に帰り1971年に地元で会社を設立[2]。西条リトルの総監督も務めた[2]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1967 巨人 3 2 0 0 0 1 1 -- -- .500 47 10.1 11 1 5 0 1 6 1 0 6 5 4.50 1.55
通算:1年 3 2 0 0 0 1 1 -- -- .500 47 10.1 11 1 5 0 1 6 1 0 6 5 4.50 1.55

背番号[編集]

  • 47 (1966年 - 1970年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 愛媛新聞 2018年6月21日
  2. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、81ページ