宇佐美定満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
宇佐美 定満
時代 戦国時代
別名 駿河守
墓所 雲洞庵(新潟県南魚沼市
経塚:宇賀神社(長野県上水内郡信濃町
氏族 宇佐美氏藤原南家工藤氏支流)

宇佐美 定満(うさみ さだみつ)は、戦国時代武将。天文年間に越後国(現在の新潟県)において活動した。伊豆国宇佐美荘(現在の静岡県伊東市宇佐美)を発祥とし、越後守護上杉家の重臣を務めた宇佐美氏出身。本項では関連人物として宇佐美 定行についてもふれる。

宇佐美定満[編集]

謙信期以前[編集]

宇佐美定満は「宇佐美駿河守」「宇佐美駿河守定満」「宇駿定満」等の名で一次史料に登場し、その活動が確認出来る。越後守護上杉定実に味方して、守護代長尾為景と抗争していた宇佐美弥七郎房忠は、永正11年(1514年)越後岩手城にて敗死[1]。新沢佳大はこの時城より逃げ落ちた「弥七郎息」を定満に比定し、従来定満の祖父と父とされてきた宇佐美孝忠房忠は同一人物であり、房忠は孝忠の晩年の名前であったとする[2]

岩手城落城の約20年後、定満は為景と守護上杉家一門上条定憲との抗争(越後享禄・天文の乱)において定憲側の武将として登場する。当初為景側であった定満は離反した後、諸方へ計略を巡らせ、天文4年(1535年)5月に上田衆・妻有衆・藪神衆・大熊氏らと共に定憲側に集結[3]。しかし宇佐美・柿崎勢は天文5年(1536年)4月10日に行われた三分一原の戦いで為景勢に敗北している[4]。なおこの時期「宇佐美四郎右衛門尉」なる人物が定憲側の武将として活動している。新沢佳大はこれを定満に比定しているが[5]『越佐史料』や『上越市史資料編3古代・中世』等では別人として扱っている。

謙信期[編集]

天文17年(1548年)に上杉謙信が家督を継ぐと定満はこれに従い、謙信と対立した上田長尾家の当主長尾政景に備えて要害に入る。天文18(1549年)年6月謙信の家臣平子孫太郎に宛てた書状によると定満は政景側の計略や脅迫を受けており、また自身に力が無く、家臣も士気が低下しているため、自分達だけに備えを任せれば後悔するであろうことを訴えている[6]。 その後一時謙信より離反するが、のちに復し、天文20年(1551年)正月には政景側の発智長芳・穴澤長勝らと交戦[7][8]。一方、同年夏頃に定満と平子孫太郎の間で多劫小三郎の遺領を巡っての対立が発生したらしく[9]、孫太郎や大熊朝秀直江実綱本庄実乃ら謙信の奉行人に対して裁定への不満を訴えるとともに、知行の加増が無く、家臣の戦意も失われている状況を嘆いている[10][11]

その後、謙信と政景の抗争が集結すると定満の名は確実な史料上から消える。高橋修は定満は謙信に重用されず宇佐美家は没落したとする[12]。 ただし宇佐美家そのものが断絶したわけでは無く、永禄10年8月武田信玄の信州侵攻への防備強化に携わった者の中に「宇佐美平八郎」の名が見えている[13]

定満の琵琶島城在城について[編集]

寛永20年(1643年)成立の『北越軍記』をはじめとする江戸時代の諸書は定行を琵琶島城主とし、また定満も多くの書籍等で琵琶島城主として紹介されることがある。しかし定満の父房忠の琵琶島在城については万里集九の詩文集「梅花無尽蔵」[14]の記述によって裏付けられるものの、それ以降の宇佐美氏と琵琶島城の関係を明確に示した史料は現在確認されない。

謙信期の琵琶島城主に想定される人物は永禄2年(1559年)作成の「諸国衆御太刀之次第」には「披露太刀ノ衆」の一人「びわ島殿」、「天正三年上杉家軍役帳」では「弥七郎殿」、「天正五年上杉家家中名字尽」では「琵琶島弥七郎」としてその名が見える。永禄2年の「びわ島殿」について『上杉年譜』は定満とは別人の琵琶島弥七郎として扱い『越佐史料』も琵琶島弥七郎の註を付けている。井上鋭夫は宇佐美定満と解釈しているが新沢佳大は「宇佐美殿」「宇佐美駿河守殿」と記していない点に疑問が残るとしている[15]。 また天正3年の「弥七郎殿」ついては、『越佐史料』や『新潟県史』はたんに琵琶島弥七郎として扱うが、井上鋭夫や「藩制成立史の総合研究-米沢藩」は長尾景通に比定している。西澤睦郎は「弥七郎」は定満の父房忠の幼名と同じであることから、定満の子か孫がその名を継いだのではないかとし、琵琶島を名乗る以上その居城は琵琶島城であったとする[16]。矢田俊文は16世紀前半の史料から宇佐美氏の在所が小野要害(小野城-現新潟県上越市柿崎区下小野)であることと、柿崎氏が宇佐美一族であったことから、宇佐美氏の本拠地は現在の柿崎区域であったとしている[17]

宇佐美定行[編集]

定行の事跡[編集]

『北越軍記』やその派生本等によると、琵琶島城城主宇佐美定行は兄長尾晴景から命を狙われ栃尾城へ逃げ込んだ上杉謙信(当時は長尾景虎)に招かれて彼の軍師となり、敵対を躊躇する謙信を説得して兄への挙兵を決意させる。米山合戦における定行の活躍などもあって晴景は敗死し、天文17年(1548年)謙信は上杉家当主の座につく。その後も謙信に従って関東に出兵して永禄7年(1566年)厩橋城北条氏邦の攻撃から守り切るも、嫡男定勝を失う。また天文23年(1554年)8月の川中島合戦では謙信の窮地を救う活躍をする。そして永禄7年(1564年)定行は謙信への叛意を抱く長尾政景を暗殺するため政景を野尻湖へ舟遊びに誘い、舟底の栓を抜いたうえで、政景もろとも湖底に沈んだとされる。定行は謙信宛ての遺書を残しており、そこには上田長尾側からの遺恨を抑えるため宇佐美家を取り潰し、兄の死によって嫡男となった勝行を追放するようにしたためてあった、としている。また『北越軍記』や宇佐美家に伝えられた系譜類によると、上杉家を追放された勝行はその後三好(豊臣)秀次家臣渡瀬左衛門大夫・仙石秀久黒田孝高蒲生氏郷小西行長らの許を転々とし、最後は旧家復帰の望みを賭け関ヶ原の戦いで上杉家の陣に加わるが敗戦により叶わず、越後で没したとしている。

しかし、これら定行・勝行の事跡や定勝の存在は一次史料からは確認されない。『北越軍記』は永正4年に孝忠が病死したのち定行が宇佐美家を継いだとするが、前述の通り定満の父に比定される房忠が永正11年までは生存しており矛盾が生じている。また『北越軍記』は定行が永禄5年(1564年)に定満へ改名したとするが、天文18年(1549年)時点で定満の名が確認出来る史料が存在しており、永禄5年改名説は根拠が薄い[18]。さらに長尾晴景の没年は天文22年(1553年)であり[19]、謙信と争って敗死したという事実は無い。

なお『謙信家記』・『北越軍談』・『春日山日記』・『謙信軍記』において、定行に該当する人物は良勝の名で登場している。

「軍師宇佐美定行」の創出[編集]

定行の活躍を伝える『北越軍記』の作者は紀州藩初代藩主徳川頼宣に仕え、越後流軍学を講じた軍学者宇佐美定祐と考えられる[20]。そして定祐の父宇佐美造酒助勝興は、宇佐美家に伝わる系譜類によれば定行の孫つまり勝行の子とされる人物である。勝興は駿河を経て、尾張藩主徳川義直に仕官したが喧嘩の仲裁結果が義直の意に沿わなかったため尾張を出て、その後水戸藩主徳川頼房に400石で召し抱えられたが讒言によって水戸を去り、徳川頼宣の許に至ったと系譜類は伝える。

一方、小幡景憲門下の軍学者小早川能久の記した『翁物語後集』によると、宇佐美三木之助(造酒助勝興)は稲垣重綱に仕えた料理人の子であり、のちに重綱の右筆となって当時編集作業中であった『甲陽軍鑑』の筆写を任されるが、無断で作成した副本を持ち出して出奔。駿河を経て、徳川義直の許にいたが足軽の女房に手を出したのを咎められて尾張を逃げ出し、その後水戸を立ち退いてからは行方知れずになった、とする。水戸を去った経緯については、頼房への仕官の話を聞きつけた上杉景勝が旧臣の家系を抱えることを望み、確認のためかつて謙信に仕えていた畠山義春に問い合わせたところ、定満は子を残さず没したことが判明。まとまりかけていた仕官の話は立ち消えとなり勝興は紀州へと去った、とする記録もある。また、代々宇佐美家には、定行あるいは勝行の数々の軍功に対して出された上杉謙信・豊臣秀吉・小早川隆景ら著名な大名による感状が伝えられてきたが、これらは書状群は偽文書の可能性が高い。

これらの点から、宇佐美家とは血縁の無い勝興・定祐の父子は、系譜・書状の偽作や『北越軍記』等の軍記物の執筆によって、名軍師宇佐美定行を創出するとともに、その定行を祖とする越後流軍学を引き継ぐ宇佐美家の子孫という由緒を手に入れ、紀州藩お抱えの軍学者になったと推測される。

関連作品[編集]

小説
映画
テレビドラマ

脚注[編集]

  1. ^ 永正11年6月13日付伊達稙宗宛上条定憲書状(越佐3、p.609)
  2. ^ 新沢.1971
  3. ^ 天文4年5月29日付福王寺孝重宛長尾為景書状(越佐3、p.808)
  4. ^ 天文5年4月13日付平子右馬允宛長尾為景書状(越佐3、p.829)
  5. ^ 新沢.1971
  6. ^ 天文18年6月5日付平子孫太郎宛宇佐美定満書状(越佐4、p.12)
  7. ^ 天文20年正月15日付発智長芳宛栗林経重書状(越佐4、p.37)
  8. ^ 天文20年正月16日付穴澤長勝宛長尾政景書状(越佐4、p.39)
  9. ^ 天文20年5月15日付平子孫太郎宛宇佐美定満書状(越佐4、p.39)
  10. ^ 天文21年10月10日付平子孫太郎宛宇佐美定満書状(越佐4、p.79)
  11. ^ 天文21年12月12日付大熊朝秀・直江実綱・本庄実乃宛宇佐美定満書状(越佐4、p.80)
  12. ^ 高橋.2007
  13. ^ 永禄11年8月10日付宝蔵院他四名宛上杉輝虎書状(越佐4、p.666)
  14. ^ 『続群書類従第12輯下』続群書類従完成会、1959年所収
  15. ^ 新沢.1971
  16. ^ 西澤睦郎「謙信と越後の領主」(『定本上杉謙信』高志書院、2000年所収)
  17. ^ 矢田俊文「戦国期越後の守護と守護代:上杉房定と長尾為景」(『中世の越後と佐渡―遺物と文書が語る中世的世界 環日本海歴史民俗学叢書7』、1999年 所収)
  18. ^ 新沢.1971。ただし新沢は天文18年以前に定行を名乗っていた可能性は完全に否定出来ないとする。
  19. ^ 林泉寺所蔵花嶽院古碑の銘文より
  20. ^ 江戸時代の儒学者榊原篁洲の記した『榊巷談苑』(寛政元年刊行)には、『北越太平記(北越軍記)』と『東国太平記』は紀州の宇佐美竹隠(定祐)が名前を隠して書いた書であり、何かにかこつけて定行を称揚している、と記されている。

参考文献[編集]

  • 池亨・矢田俊文編 『上杉氏年表 : 為景・謙信・景勝 増補改訂版』 高志書院、2007年
  • 矢田俊文 『上杉謙信 : 政虎一世中忘失すべからず候 (ミネルヴァ日本評伝選)』 ミネルヴァ書房、2005年
  • 池享・矢田俊文編 『定本上杉謙信』 高志書院、2000年
  • 高橋修 『【異説】もうひとつの川中島合戦: 紀州本「川中島合戦屏風図」の発見』 洋泉社、2007年※宇佐美定行関連の記事は主に本書に拠った。
  • 高橋義彦編 『越佐史料 巻3』 名著出版、1971年
  • 高橋義彦編 『越佐史料 巻4』 名著出版、1971年
  • 新潟県編 『新潟県史 資料編 3 中世 1 (文書編 1) 本編』 新潟県、1982年
  • 上越市史編さん委員会編 『上越市史別編1』 上越市、2003年
  • 新沢佳大「宇佐美駿河守の虚像とその実像」、『日本歴史』276号、1971年
  • 中村亮佑「越後守護上杉氏直臣に関する基礎的考察 :越後平子氏を中心に」、『駒澤大学大学院史学論集』47号、2015年
  • 井上泰至「歴史の捏造-『東国太平記』の場合-」、『国語国文』69巻5号通号789号、2000年