孫英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

孫 英(そん えい、? - 254年)は、中国三国時代の皇族の一人。祖父は孫権。父は孫登。兄弟の名は孫璠・孫希。『三国志』呉志に記述がある。

三人の兄弟の内、次男の孫英以外は早くに亡くなっていたため、孫英が呉侯に封じられた。

254年秋、孫英は孫峻の暗殺を企てたが、発覚したため自殺した。その後、封国を除かれた(「三嗣主伝」「呉主五子伝」)。

「呉主五子伝」が引く『呉歴』によると、かつて孫峻が元皇太子の孫和(南陽王)を、無実の罪で自害に追い込んでおり、このことに憤激していた前司馬の桓慮達が立てた孫峻殺害計画に巻き込まれ、何も知らなかったにも関わらず自殺に追い込まれたとある。