孫ウェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
本来の表記は「孫雯」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
孫雯 Football pictogram.svg
名前
カタカナ スン・ウェン
ラテン文字 SUN Wen
簡体字 孙雯
基本情報
国籍 中華人民共和国の旗 中国
生年月日 1973年4月6日(41歳)
出身地 上海
選手情報
ポジション フォワード
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2001
2001-2002
2003, 2006
中華人民共和国の旗 上海上視
アメリカ合衆国の旗 アトランタ・ビート
中華人民共和国の旗 上海上視
- (-)
33 (7)
- (-)
- (-)
代表歴
1990–2006 中華人民共和国の旗 中国 152 (120)
1. 国内リーグ戦に限る。2009年8月19日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

孫 雯(スン・ウェン、漢音読み: そん ぶん、簡体字: 孙雯、ピンイン: Sūn Wén 1973年4月6日 - )は、中華人民共和国上海出身の元女子サッカー選手。ポジションはフォワード

経歴[編集]

8歳でサッカーを始める。1989年より地元上海の体育学院女子サッカー部門の入団試験に合格、2000年に退団するまでそこでプレーを続けた。

1990年、17歳で代表に選出された。翌1991年、FIFA女子ワールドカップに初出場し、1995年・1999年・2003年と4大会に連続出場した。1999年度大会では、7ゴールを挙げてチームの大会準優勝に貢献した上、ゴールデンボール(大会最優秀選手)とゴールデンブーツ(得点王、ブラジルシシーと同時)の2冠に輝いた。

上海のチームを退団後、2001年に渡米してWUSAアトランタ・ビートに入団。合計33試合に出場して7得点を挙げた。

2003年、WUSAの財政難による休止にともない、アトランタを退団。帰国して、上海申花の女子チーム上海上視に入団した。同年引退してジャーナリストに転身。同時に復旦大学に入学し、国際関係論を学び始めた。 しかし2005年12月に現役復帰し、再び上海上視および代表チームでプレーする事となった。

2006年、アジアカップ終了後、怪我の悪化により再び引退。現在は上海市の行政に職員として携わっている。

タイトル[編集]

チーム[編集]

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FIFA women's world of the year awards (PDF) 2009年8月19日 10:55 (UTC)閲覧

外部リンク[編集]