学習行動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

学習行動(がくしゅうこうどう)とは、それぞれの個体が経験によって後天的に身に付けるものである。 特に、霊長類カラスなどの動物は、とても発達している。

動物は内的または外的要因の変化などに対応するために生活をしており、外部環境に動物が身体の感覚を対応する条件が備わっている。学術的には様々な側面をみると生態学進化論生理学心理学が相互に関連して捉えられている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 生物学の教科書/優/センターの状態言語事典. 2004年