学習参考書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

学習参考書(がくしゅうさんこうしょ)とは、学習の参考とするために、参照される図書のことである。

概要[編集]

学習参考書は、学習に用いられる図書のうち、教科用図書教科書など)の補足などに使われる。学習参考書は、教育課程にしたがって内容が編成された教科用図書(教科書など)と一線を画すために、テーマ別の内容編成や、より学問的な内容編成が行われていることが多い。

チャート式数研出版)に代表されるように、学習内容や知識を網羅的かつ体系的に配列した図書を参考書と呼ぶことが一般的に多いが、広義には、問題集や各種の資料集も含んで参考書と呼ばれることもある。

大学受験向けの分野では、1980年代後半には語学春秋社から出版された、予備校講義をそのまま活字にしたスタイルの講義型参考書と呼ばれる参考書がヒットした。また、大手予備校は独自の出版部・出版社を有している場合がある。

学参」と略されることもある。

学校参考書を出版する出版社[編集]

全般[編集]

大学受験中心[編集]

予備校, 学習塾傘下[編集]

関連項目[編集]