学校法人智辯学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

学校法人智辯学園(がっこうほうじんちべんがくえん)は、辯天宗宗祖・大森智辯尊女によって創設された近畿地方で3つの学校を経営する学校法人である。正式名称は「智辯」であるが、甲子園記事などで「智弁」と書かれることもある。理事長は藤田清司。

概要[編集]

仏教系新宗教宗教法人辯天宗が、総本山宇賀山妙音院如意寺の所在する奈良県五條市1965年昭和42年)、智辯学園高等学校を開校。1967年(昭和42年)には智辯学園中学校を開校し、中高一貫体制を整える。

甲子園に出場する進学校として認知されるようになり、1978年(昭和53年)には、和歌山県からの要請により智辯学園和歌山中学校・高等学校を設立。こちらも県内有数の進学校となり甲子園にも出場している。

2002年平成14年)には智辯学園和歌山小学校を併設し、小中高一貫教育を開始する。

奈良県内での小中高一貫教育による難関大学への進学できる力をつけるための学校として2004年(平成16年)、智辯学園奈良カレッジを創立。

3つの学校では、いずれも建学の精神を辯天宗の教えに基づき、学習指導法や学校行事などが共通している部分がある。

設置学校[編集]

修学旅行[編集]

初代理事長(兼・智辯学園高校長)大森智祥の「日本が韓国を支配した35年を贖罪する」という信念に基づき[1]、毎年春に韓国への修学旅行を行っている。当初は飛鳥文化・奈良の文化の伝来元である韓国を生徒に見てほしいという日本文化の根源を見るための韓国修学旅行だったが、植民地時代の日本の蛮行を知った後は贖罪の旅行になったとされる[2]。かつては海外修学旅行自体が珍しかった時代で、とくに70年代の韓国旅行は日本では買春観光というイメージが強く、女学生のいる保護者の反対が強かったり、朴正煕暗殺事件粛軍クーデター北朝鮮核問題、新型肺炎(SARS)拡散など幾多の困難を迎えたが、韓国でなければ修学旅行自体を取りやめるなどとして粘り強く説得を行い保護者の理解を求めた[2]。2015年現在で韓国を訪問した修学旅行生は延べ2万1000名を数え、2016年現在で42年間継続されている[1]。韓国大統領より勲章が授与されたり[3]韓国観光公社による歓迎式典が開催されるなど、高く評価されている[1]。なお、2017年春の修学旅行は、北朝鮮情勢の緊迫化に伴い延期が決まり、初めて修学旅行が延期となった。このうち和歌山高は、外務省が渡韓予定者に「最新情報に注意を払うよう求める情報」を出したことなどを受けての措置とし[4]、情勢次第では行き先の変更も有り得るとしている[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c "일제 35년 속죄하겠다" 41년째 수학여행 온 日지벤학원("日帝35年贖罪する" 41年目 修学旅行来た日智辯) マネートゥデイ2015年4月19日
  2. ^ a b 「韓国修学旅行35年…宿題終える気持ち」 智辯学園の藤田理事長 2009年04月26日、中央日報日本語版 2016年7月25日閲覧
  3. ^ 智弁学園の理事長に韓国の「産業褒章」 29年前から修学旅行で訪韓=奈良 2004年10月02日 読売新聞 大阪朝刊 32頁 写有 (全467字)
  4. ^ “【北朝鮮情勢】智弁和歌山高校など3校、韓国への修学旅行延期…40年以上の恒例行事、安全を最優先(1/2)”. 産経新聞. (2017年4月18日). http://www.sankei.com/west/news/170418/wst1704180015-n1.htmllaccessdate=2017-04-20 
  5. ^ “【北朝鮮情勢】智弁和歌山高校など3校、韓国への修学旅行延期…40年以上の恒例行事、安全を最優先(2/2)”. 産経新聞. (2017年4月18日). http://www.sankei.com/west/news/170418/wst1704180015-n2.htmllaccessdate=2017-04-20 
[ヘルプ]

外部リンク[編集]