普連土学園中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
学校法人普連土学園から転送)
Jump to navigation Jump to search
普連土学園中学校・高等学校
Friends School (Japan) 01.JPG
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人普連土学園
設立年月日 1887年明治20年)
共学・別学 男女別学(女子校)
中高一貫教育 完全一貫制
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 13536E
所在地 108-0073
外部リンク 普連土学園中学校・高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

普連土学園中学校・高等学校(ふれんどがくえん ちゅうがっこう・こうとうがっこう、Friends School)は、東京都港区三田に所在する私立女子中学校高等学校。学校法人普連土学園によって設置・運営されている。

概要[編集]

1887年(明治20年)、当時アメリカ合衆国に留学中だった内村鑑三新渡戸稲造の助言で、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアのキリスト友会(クエーカー)の婦人伝道会が女子教育を目的として創設した。現在でも日本国唯一のキリスト友会の教育機関である。校名の「普連土」[1]は、津田仙津田塾大学の創立者津田梅子の父)が、「普(あまねく)世界の土地に連なる」、転じて「この地上の普遍、有用の事物を学ぶ学校」であるようにとの思いから命名したとされる。2018年現在の学校長は青木直人である。教育理念の核として、クエーカーの言葉である内なる光と神の種子を掲げている。

一学年約135名、3クラス(1クラス45名)の編成で比較的少人数の学校である。

校舎は、2003年にDOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選ばれた。

沿革[編集]

普連土学園中学校・高等学校の位置(東京都区部および多摩地域内)
普連土学園中学校・高等学校
  • 1882年明治15年) - 米国フィラデルフィア市の友会派(クエーカー)により「友會婦人外國傳道協會」を設立。
  • 1885年(明治18年) - 新渡戸稲造内村鑑三の助言により学校設立が決定される
  • 1887年(明治20年) - フレンド女学校開校
  • 1889年(明治22年) - 三田功運町聖坂上(現所在地)に新校舎落成。津田仙により「普連土女学校」と命名される。
  • 1902年(明治35年) - 失火により校舎焼失
  • 1903年(明治36年) - 授業再開、新校舎落成
  • 1923年大正12年) - 後援会発足
  • 1928年昭和 3年) - 校旗・校服(セーラー)制定
  • 1943年(昭和18年) - 校内モンペ着用、戦時中の敵性語規制に伴い「聖友女学校」に改名。
  • 1944年(昭和19年) - 学徒動員令、学校工場開設
  • 1945年(昭和20年) - 空襲により校舎全焼
  • 1946年(昭和21年) - 9月授業再開
  • 1947年(昭和22年) - 給食復活、学制改革により新制中学校開設。「普連土女学校」の旧名に復帰。
  • 1948年(昭和23年) - 新制普連土学園高等学校を開設、第一期校舎落成
  • 1951年(昭和26年) - 学校法人に組織変更、二期制を採用
  • 2006年平成18年) - 新校舎完成

校歌[編集]

作詞・室生犀星 作曲・川村信義

制服(校服)[編集]

主な卒業生[編集]

脚注および参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 旧制時代は「晉聯土學園(女學校)」と表記。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]