孟賁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

孟 賁(もう ほん、? - 紀元前307年)は、中国戦国時代[1]または[2]の出身での将軍。武王に仕えた。またの名は孟説[3]

経歴[編集]

武王に仕えた任鄙烏獲夏育、成荊、慶忌と並ぶ大力無双の勇士[4]と知られ、孟賁は生きた牛の角を抜く程の力を持って[5]おり、勇士を好む秦の武王に取り立てられ仕えた。

紀元前307年8月、武王と洛陽に入り、武王と力比べでの持ち上げを行った際、武王は脛骨を折って亡くなってしまった。その罪を問われ、孟賁は一族と共に死罪に処されたと言う。

評価[編集]

後の世に於いて曹仁程昱李流と言った人物はその武勇や胆力が孟賁や夏育に比肩すると評されている。

脚注[編集]

  1. ^ 史記・范雎列伝
  2. ^ 帝王世紀
  3. ^ 戦国策帝王世紀
  4. ^ 史記范雎蔡沢列伝第十九
  5. ^ 帝王世紀

参考文献[編集]

  • 史記・巻七十一・甘茂列伝
  • 帝王世紀
  • 戦国策