孟節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

孟 節(もう せつ)は、中国の通俗歴史小説『三国志演義』に登場する架空の人物。

南蛮王・孟獲の兄として登場する。物欲の盛んな弟達に嫌気がさし、王城を離れ在野の士となる。万安渓(ばんあんけい)という谷で「万安隠者」と名乗り、長年に亘り毒泉の毒に侵された人々を救う。の南蛮征圧の際には、諸葛亮と出会い毒泉にやられた傷病兵の治癒に協力する。また、口に含むと毒にあたらないとされる薤葉芸香という草を与えた。

NHK人形劇 三国志』でも、毒泉や瘴気に苦しむ蜀軍に解毒の方法などを教える人物として登場するが、その後伏波将軍・馬援の碑の前で、実は孟節は玄徳の化身だったということが、玄徳の霊から孔明に告げられるというストーリーが付け加えられている。