孝恭王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
孝恭王 金嶢
新羅
第52代国王
王朝 新羅
在位期間 897年7月4日 - 912年
姓・諱 金嶢
諡号 孝恭大王
生年 ?
没年 乾化2年(912年
憲康王
義明太后
后妃 朴氏

孝恭王(こうきょうおう、886年? - 912年、在位 : 897年 - 912年)は新羅第52代国王。姓は金、は嶢(ぎょう)。

第49代憲康王庶子。母は義明太后。妃は朴又謙の娘。

孝恭王については、崔致遠の文集の中に光哲3年(887年)7月5日に国王(憲康王)が亡くなったが(『三国史記』では886年)、甥の嶢はまだ産まれて1年もたっていないので仲兄の晃(定康王)が臨時に国を治めたとあるので885年から887年の間の産まれと推定できる。

897年、孝恭王は王位についたものの新羅は大規模な内乱(後三国時代)に突入しており、その中でも完山で勢力を伸ばしていた後百済甄萱後高句麗弓裔などの勢力が急激に領土を侵食していた。そして、900年に甄萱が、901年に弓裔が王を称した。孝恭王は、これに対抗する事ができず酒色におぼれ、新羅の領土は日増しに削られて行き新羅は滅亡の道をたどることになる。