子安和弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

子安 和弘(こやす かずひろ、1955年 - )は、日本の動物学者

千葉県生まれ[1][2]。1980年信州大学理学部卒業、1981年愛知学院大学歯学部助手、1983年 - 1984年アジスアベバ大学客員研究員、歯学博士[2]

著書[編集]

  • 子安和弘 (1998), “日本産トガリネズミ亜科の自然史”, in 阿部永; 横畑泰志, 食虫類の自然史, 庄原市: 比婆科学教育振興会, pp. 201-267, ISBN 4916116054, https://ci.nii.ac.jp/ncid/BA39234863 
  • 子安和弘 (2000), 日本産小哺乳類の起源に関する研究 : 特にヒマラヤ回廊に由来する動物の進化について, 子安和弘 
  • 子安和弘 (2000), 森の動物出会いガイド, 自然出会い・図鑑1, ネイチャーネットワーク, ISBN 4931530044 


脚注[編集]

  1. ^ 国立国会図書館(NDL)典拠レコード検索
  2. ^ a b 子安和弘 1998.