子和清水 (松戸市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:子和清水の画像提供をお願いします。2015年12月

子和清水(こわしみず)は、養老伝説の一種とされ、各地に存在する。子者清水、古和清水ともいう。

子和清水、2010年撮影

概要[編集]

金ケ作(現千葉県松戸市常盤平)にある湧水池で子和清水伝説の地とされる。現在は周辺開発により枯れてしまったが、松戸市により子和清水1号緑地の一部として井戸水を汲み上げて保全されている。[1]

あらすじ[編集]

むかし、金ケ作に酒好きな老人が住んでいた。貧しい暮らしにもかかわらず外から帰るといつも酔っているのを不審に思った息子が後をつけてみると泉の水を旨い酒だといって呑んでいた。息子が飲んでみるとただの清水であった。これを聞いて人々が「親は旨酒、子は清水」というようになった。[2]

施設[編集]

子和清水像
一茶句碑
母馬が番して呑す清水かな

所在地[編集]

千葉県松戸市常盤平7-31地先

交通[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 常盤平地域の自然・風景”. 松戸市. 2015年12月25日閲覧。
  2. ^ 現地案内板より(2015年12月閲覧)

座標: 北緯35度47分38.3秒 東経139度57分5.4秒 / 北緯35.793972度 東経139.951500度 / 35.793972; 139.951500