子供たちの子供たちの子供たちへ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
子供たちの子供たちの子供たちへ
ムーディー・ブルーススタジオ・アルバム
リリース
録音 1969年5月 - 9月 ロンドン Decca Studio One
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間
レーベル スレッショルド・レコード
プロデュース トニー・クラーク
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 2位(イギリス[1]
  • 14位(アメリカ[2]
  • ムーディー・ブルース アルバム 年表
    夢幻
    (1969年)
    子供たちの子供たちの子供たちへ
    (1969年)
    クエスチョン・オブ・バランス
    (1970年)
    テンプレートを表示

    子供たちの子供たちの子供たちへ』(原題:To Our Children's Children's Children)は、イギリスプログレッシブ・ロックバンドムーディー・ブルース1969年に発表した5作目のスタジオ・アルバム。自身が設立したレーベルスレッショルド・レコードからの第1弾アルバムとしてリリースされた[3]

    背景[編集]

    アルバム制作中の1969年7月20日に人類初の月面着陸があり、バンドはそこから多大なインスピレーションを得た[4]。ジョン・ロッジによれば、バンドはNASAからロケット打ち上げ時の録音を借りているが、期待外れの音だったため「自分達でロケットの音を作ることに着手して、最終的には本物よりも本物らしい響きになったよ!」とのことである[4]

    「ジプシー」「キャンドル・オブ・ライフ」「太陽は輝き続ける」は、アルバム収録に当たって編集やクロス・フェイドが施される前のヴァージョンも残っており[5]、2008年のリマスターCDにボーナス・トラックとして収録された。

    反響[編集]

    本作に先行して、1969年10月に「ウォッチング・アンド・ウェイティング」がシングルとしてリリースされるが、チャート入りは果たせなかった[4]。11月には本作がリリースされ、全英アルバムチャートでは44週チャート圏内に入り、最高2位を記録した[1]。アメリカでは1970年にBillboard 200で14位を記録し[2]、同年7月にはRIAAによりゴールドディスクに認定された[6]

    収録曲[編集]

    1. ハイアー・アンド・ハイアー "Higher and Higher" (Graeme Edge) – 4:06
    2. 子どもの眼(パート1) "The Eyes of a Child - Part One" (John Lodge) – 3:23
    3. フローティング "Floating" (Ray Thomas) – 3:01
    4. 子どもの眼(パート2) "The Eyes of a Child - Part Two" (J. Lodge) – 1:23
    5. 100年のいのち "I Never Thought I'd Live to Be a Hundred" (Justin Hayward) – 1:05
    6. ビヨンド "Beyond" (G. Edge) – 2:58
    7. アウト・アンド・イン "Out and In" (Mike Pinder, J. Lodge) – 3:47
    8. ジプシー "Gypsy" (J. Hayward) – 3:33
    9. 限りなき道 "Eternity Road" (R. Thomas) – 4:19
    10. キャンドル・オブ・ライフ "Candle of Life" (J. Lodge) – 4:17
    11. 太陽は輝き続ける "Sun Is Still Shining" (M. Pinder) – 3:39
    12. 1,000,000年のいのち "I Never Thought I'd Live to Be a Million" (J. Hayward) – 0:33
    13. ウォッチング・アンド・ウェイティング "Watching and Waiting" (R. Thomas, J. Hayward) – 4:16

    2008年リマスターCDボーナス・トラック[編集]

    1. ジプシー(オルタネイト・ヴァージョン) "Gypsy (Alternate version)" (J. Hayward) – 4:16
    2. キャンドル・オブ・ライフ(オルタネイト・ヴァージョン) "Candle of Life (Alternate version)" (J. Lodge) – 4:55
    3. 太陽は輝き続ける(エクステンデッド・ヴァージョン) "Sun Is Still Shining (Extended version)" (M. Pinder) – 4:03
    4. ハヴ・ユー・ハード/航海/ハヴ・ユー・ハード(BBCライヴ) "Have You Heard / The Voyage / Have You Heard (BBC radio concert 17 December 1969)" (M. Pinder) – 5:50
    5. ティモシー・リアリー(BBCライヴ) "Legend of a Mind (BBC radio concert 17 December 1969)" (R. Thomas) – 4:33

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ a b MOODY BLUES | Artist | Official Charts - 「Albums」をクリックすれば表示される
    2. ^ a b The Moody Blues - Awards : AllMusic
    3. ^ Backstage Pass: The Moody Blues and the Mellotron on the Isle of Wight - Goldmine Magazine - 2014年4月26日閲覧
    4. ^ a b c 2008年リマスターCD(UICY-20049)ライナーノーツ(マーク・パウウェル)
    5. ^ 2008年リマスターCD(UICY-20049)英文ブックレットp.17
    6. ^ RIAA公式サイト内SEARCHABLE DATABASE - 引用符付きの"TO OUR CHILDREN'S"と入力して検索すれば表示される